院試塾トップ大学院入試英語講座心理学英語学習講座英文読解スーパーベーシックゼミ大学院入試英語入門プログラム受講相談

大学院英語メールカウンセリング

大学院入試英語基礎講義

大学院入試英語の基礎を学ぶための講座で,基礎力養成というニーズを考慮して紙上徹底解説+添削指導という形式をとります。実際の大学院入試英語問題文を月4回×2か月間(計8回)で学習し,大学院入試英語で要求される実力を見きわめるとともに,どう読み,どう訳せばよいかを実際に訳しながら身につけられる講座です。また,この講座の学習を通じて,自分で辞書を活用しながら英文を読み進めることのできる力も養えるよう配慮しています。

なお,この講座と「英文読解スーパーベーシックゼミ」をセットにした「大学院入試英語入門プログラム」もご用意しています。

課題文例

以下は第1回課題の全文です。各回の課題は,実際の大学院入試問題から採った1段落程度の英文で,これを全訳して提出していただき,添削指導を行います。

With the remarkable increases in longevity, and increasing awareness that risks associated with advancing age may be reversible, health promotion, not just disease prevention, is emerging as an important theme in geriatrics. The goal of these efforts in old age need not always be prevention—sometimes delay is really all we need. The benefits of delaying the onset of disease are very substantial, and problems in old age such as heart disease and cancer are often subject to delay, if not to prevention.

紙上徹底解説例

上記英文の第1文の紙上解説例です。

まず,主語(S)と述語動詞(V)だけを取りだしてみましょう。といっても,実はこの文にはS+Vの組が2つ出てきます。最初は[S]risks ... [V]may beですが(この部分の構造は後で説明します),これは接続詞thatが導く節の中にあるので,中心となるS+Vではありません。この後にあるS+Vを探しましょう。

わかりにくければまずはVだけを取りだします。現在進行形になっているis emergingがそうですね。続いてこれに対応するSを見つけましょう。Vの前にnot just disease preventionというかたまりがありますが,このようにカンマにはさまれている要素の多くは「挿入句」というもので,後から付けたしたと考えます。つまり,この部分はSではないと判断するわけです。その前にhealth promotionというかたまり(以降,英文法の用語にしたがって「句」と呼びます)があります。これがSです。ここまでで,この英文の中心構造が[S]health promotion [V]is emergingであると判断できるわけです。挿入句を含めて考えると,[S]health promotion(, not just disease prevention,) [V]is emergingとなります。挿入句は文構造が複雑に見える要因の1つで,この例のようにいったんカッコにくくって考えるとよいでしょう。

これより前の部分は前置詞withの句になっています。前置詞の後には名詞が続きますが,ここでは2つの名詞がandでつながっていて,With [A]the remarkable increases in longevity and [B]increasing awareness that ...となっています。increaseは動詞・名詞どちらも同じ形ですが,the remarkableSではない(Sになれるのは名詞とそれに相当する要素だけで,remarkableは形容詞です)ので,ここのincreaseは名詞であると考えます。辞書を見ると「増加」などの訳語がみられますが,こうした名詞はむしろ「増えること」ととらえるのを基本と考えたほうが柔軟に対応できます。続いてinの意味・用法を考えましょう。辞書で調べるのがよいですね。といっても,inを辞書で引くとあまりにいろいろな意味が出てきて圧倒されてしまいます。実はこのような場合,名詞increaseを辞書で引いて,increase in ~で考えたほうがよいのです。「…の増加」の「…の」に相当するのがin ~であることがわかるはずです。以上から,increases in longevityは「寿命が増える(=伸びる)こと」と解釈できます。ここにremarkableの意味を加えて考えます。これも辞書を引いてみましょう。訳語では「注目すべき」などとなっていますが,例文の訳も参照すると「すばらしい」などの訳も見られ,ある程度柔軟に対処する必要がありそうです。increaseとの意味のつながりを考えて,「寿命が著しく伸びること」ととらえましょう。

続いてand以下を考えます。まず,awarenessという名詞にincreasingという現在分詞がかかっています。そのまま訳すと「増えつつある意識」などとなりますが,これではあまりピンと来ませんね。このような場合,[S]awareness [V]increasesといったん展開して考えるとわかりやすくなります。これは日本語が「〜が…する」という文の形で表現する傾向を持つのに対して,英語は名詞を中心とする表現を好むためです。こうした発想転換も,難解な英文を読みこなすためには必要となります。このように展開すると「意識が高まること」といった柔軟な考えかたができるようになります。

awarenessには接続詞thatが続いています。すでに見たincrease in ~と同じように考えて,thatではなくawarenessのほうを辞書で引きます。そうすると,awareness that ...で「…だと知ること」ととらえればよいことがわかります。awarenessも「意識」より「知ること」ととらえたほうがよりわかりやすいですね。that節の内部は[S]risks (associated with advancing age) [V]may be [C]reversibleとなっています。associated ...の部分は過去分詞の句です。もとの形はassociate A with Bで,この形で辞書を引くと,たとえば「ABを結びつけて考える」といった訳が見つかります。ここからさらに,riskと関連づけながら訳を考えましょう。advancing ageincreasing awarenessと同様に,[S]age [V]advancesと展開して考えてください。mayは「かもしれない」を基本に考えます。

Sであるhealth promotionはそのまま訳しても問題ありませんが,promotionを「増進すること」ととらえ,healthはもともと目的語に相当すると考えるとよりわかりやすくなります。挿入句のnot just disease preventionですが,not justというつながりに着目して辞書を引くと,「〜だけでなく」と解釈できることがわかります。Shealth promotionを補足説明するためのものと考えてよいでしょう。disease preventionhealth promotionと同様にほどいて考えるとわかりやすいですね。

いよいよこの文の最後の部分を検討していきます。asの用法が問題となりますが,これもincreasing in ~awareness that ...と同様,emerge as ~で考えるとよいでしょう。といっても,学習用の英和辞典ではこのつながりは見つからないかもしれません。「〜として浮かび上がる」を基本に,わかりやすく表現してみましょう。

講座内容と受講料

受講申込について(※必ずお読みください)

以下のフォームに必要事項を記入して送信してください。申込受付後,こちらから確認のメールをお送りします。受講料お支払いのご案内も確認メールにありますので,指示に従って1週間以内にお支払いください。

※申込後にキャンセルされる場合,必ず電子メールにてご連絡ください。無断キャンセルをされますと,院試塾ならびに関連サイトのコンテンツをご利用いただけなくなります。

受講申込フォーム

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。