院試塾トップ【解説】研究計画書の基本【解説】研究計画書ポイント集研究計画書合格者コメント受講相談
研究計画書作成指導[※見積制]研究計画書短期コメント指導放送大学大学院研究計画書ゼミ
【図解式・ステップ・バイ・ステップ】志望理由徹底探求ゼミ口頭試問・プレゼンテーション指導

研究計画書・小論文・英語・口頭試問などをまとめてサポート→院試塾総合会員システム

社会人のための大学院研究生活入門ゼミ

研究計画書,志望理由書,小論文等の単体指導をご希望の方は,「研究計画書作成指導」をご利用いただくことも可能です。

【院試塾代表 畑中泰道からのメッセージもご覧ください】

研究計画書・志望理由書・小論文の準備をトータルにサポートするゼミ
—最長1年先の入試の準備を今から—

大学院で研究生活を送りたいと考えている社会人の方に,ある程度の時間(3か月〜1年)をかけてじっくり考えながら準備を進めていただくゼミです。大学での学問からしばらく離れていて,学問的な考えかたをもう一度基礎からしっかり学びたいという方や,通信制等の大学を卒業したために学問基礎力の訓練が必ずしも十分に受けられなかったという方に特にご利用いただきたい講座です。もちろん,一定の基礎力をお持ちの方でも十分な効果が得られるものと自負しています。

このゼミを受講することで,大学院の社会人入試で必要な研究計画書・志望理由書・小論文などの基礎力が身につきます。個々の書類の作成や問題の解答はこのゼミの指導内容には含まれませんが,十分な基礎力が身につけられるため,修了する段階では,たとえば研究計画書を書いたり,小論文を執筆したりするのは相当部分自力でできるようになっているでしょう。指導内容と研究計画書・志望理由書・小論文との対応関係は以下でご確認ください。

大学院研究生活入門ゼミの指導内容とその応用可能性

指導内容

この講座では,大きく以下の3点を考えることを中心とします。この過程で,学問研究の基礎を習得していきます。

主な指導の形式は「課題レポート」です。各段階で1000字〜2000字程度のレポートを作成することで,それぞれの内容についての考えを自分なりにまとめていきます。また,レポート作成の準備段階では,メールによる指導を随時行います。このレポート作成の過程で,学問研究の基本的な考えかたや,学術文書の形式についても学んでいきます。また,主要な文献について「ブックレビュー」(対象は論文も含む)の作成も行います。これらのレポートは文書形式だけでなく,必要に応じてプレゼンテーション形式でも作成します。この作業を通じて,大学院レベルでの研究・学習に必要な,文章力,表現力,コミュニケーション能力等も養成します。指導は完全個人別で,課題等も受講生各自の興味・関心,現在の知識・理解にあわせて指示します。

各大学院の提出指示にあわせた研究計画書・志望理由書等の作成は,この講座の指導内容には含まれませんが,このゼミで学習することで自力で作成できるところまで到達するでしょう。なお,これらの作成指導については,「研究計画書作成指導」を特典料金でご提供します。

指導の内容,段階と,各段階での指導内容はおおよそ以下のとおりとなります。完全個人別指導となるので,必ずしもすべて以下のとおりに進むわけではありませんが,概略イメージとしてとらえてください。

大学院研究生活入門ゼミ指導の概略

各段階の基本的な指導内容は以下のとおりです。

各段階での指導内容
段階 指導項目 指導内容
第1段階 研究課題の発見 自分の興味・関心や現在の仕事で直面している課題などを検討し,どんな内容を研究したいかを大まかに考えます。
学問分野での定位 概説書などを探して読み,自分が研究したい内容が学問の中でどんな分野に位置づけられ,どのような観点から研究されているかを見きわめます。
専攻できる大学院 自分が関心を持っている内容がどこの大学院で研究できるかを,公式Webサイトやその他の資料などを調べながら検討します。
第2段階 研究方法の検討 第1段階で考えた研究テーマをどのような方法で研究するのが適切であるかを検討します。
研究課題の精緻化 第1段階で考えた研究テーマをさらに掘り下げて考えます。
先行研究の調査 第1段階で読んだ概説書などから文献情報をたどり,関連する先行研究を調査して読み進めます。
専門知識の習得 先行研究を理解するのに必要な専門知識を身につけるための文献を探して読み,理解を深めます。
指導希望教員 この段階で検討中の研究課題・方法との関連で,重要な先行研究の著者である研究者など,自分の研究を指導してほしいと思う教員を探します。
カリキュラムなど 自分の研究を進めるのに必要な知識・理解・技能などを検討し,それに答えてくれる講義・演習などを開設している大学院を探します。また,その他の研究に必要な設備や資源も必要に応じて考えます。
第3段階 研究計画の決定 第2段階までの検討内容を総合し,研究計画書のもととなる内容を決定し,まとめます。
先行研究との関連 関連する先行研究それぞれについて,自分の研究とどのように関連するか(類似テーマ,研究方法の応用,理論の検証,反証の対象,など)を具体的に検討します。
大学院の学習計画 研究遂行にあたって必要な知識・理解等を見きわめたうえで,現在の自分の能力と比較しながら今後学習すべき内容を確認し,大学院入学後にそれらをどのように学習するかを計画します。
志望理由 第2段階までで調査・検討した内容をもとに,大学院で研究する意味を考え,「なぜ希望の大学院でなければいけないのか」をまとめます。

その他の指導

読書課題・ブックレビュー

各指導項目で読む必要が生じた文献について,ブックレビューを作成します。全体を200〜400字程度で簡潔にまとめることで要約力をつけるとともに,特に関心を持った点や,自分が考えていることとの関連性について,必要に応じて図解なども取り入れながらまとめていきます。また,プレゼンテーション形式が適切であると判断した場合(受講生の希望も考慮します)には,上記内容をPowerPointのプレゼンテーションとしても作成します。

文章力・表現力・コミュニケーション能力

課題レポートやブックレビューの作成,その準備段階でのやりとり,図解やプレゼンテーションの作成を通じて,学問研究に必要な文章力,表現力,コミュニケーション能力を養成します。

学問研究の基本

「研究とは何か」といった初歩的な問題から始めて,大学院レベルでの学問研究の基本的な考えかたや姿勢について学びます。また,学術文書の基本的な作成方法やルールについても適宜指導します。

指導方法

課題レポート完成までの指導の流れ

指導期間と受講料

受講生の特典

申込に際して

受講申込フォーム

以下のフォームに必要事項を記入して送信してください。申込受付後,こちらから確認のメールをお送りします。受講料お支払い(申込より原則1週間以内)のご案内も確認メールにありますので,指示に従って1週間以内にお支払いください。
※申込後にキャンセルされる場合,必ず電子メールにてご連絡ください。無断キャンセルをされますと,院試塾ならびに関連サイトのコンテンツをご利用いただけなくなります。

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。