サーチ:
Keywords:
Amazon.co.jpアソシエイト

当節徒然草

このコラムは,院試塾代表 畑中泰道が日々感じたことを書きつづっていくコーナーです。内容は必ずしも院試関連に限定しません。院試塾にお立ち寄りの際にはぜひ読んでやってくださいまし。皆さんからの読後感想のメールもお待ちしております。

なお,書籍のタイトルがリンクになっているものについては,Amazon.co.jpの該当ページに直接リンクしています。ご利用ください。

※このコーナーの更新は現在行っておりません。続きはブログ(http://blog.daigakuin.jp/)にて公開しています。


Table of Contents

  1. 肌色(2001/03/29)
  2. 英語が本当にわかるということ(2001/04/21)
  3. 英語が本当にわかるということ(2)(2001/04/27)
  4. 英語が読めるようになるには…(2001/05/04)
  5. 文化の共通点,相違点(2001/05/06)
  6. 論理的に読み,論理的に答える(2001/09/23)
  7. 研究計画書(2001/09/23)
  8. Oliver Sacks(2001/09/23)
  9. 類義語の意味の区別(2001/10/30)
  10. in silico(2001/11/18)
  11. perceptual=「知覚の」?(2001/11/25)
  12. 英作文の考え方(2002/02/17)
  13. 英語でJ-POP(2002/08/20)
  14. 副詞—このやっかいな品詞(2002/08/20)
  15. 名詞化構文—英文読解の難所(2002/10/13)
  16. 簡単な言葉が実は難しい(2002/10/14)
  17. 熟語的発想から抜け出そう(2002/12/01)
  18. 今どきの大学生(2003/01/28)
  19. message(2003/02/11)
  20. 院試塾は,そしてぼくは,こうありたい(2003/03/02)
  21. qualification / 資格(2004/07/22)

qualification / 資格

少し古いが,まずは以下の引用を見てほしい。

Although derided by many, the knowledge economy is a reality and demands higher education levels than used to exist in the past. At the time I was a student, well over 40 percent of the British labor force as a whole worked in manufacture. Today that percentage has dropped to 16 percent, and it is still falling. More than 80 percent of the workforce gains a livelihood in service or knowledge-based industries, in large segments of which developed qualifications are desirable or necessary. (The Daily Yomiuri, March 22, 2004, emphasis added)

強調部分にあるqualificationsはどのようにとらえればよいだろうか。この語は「資格」と訳されることが多く,同日の『読売新聞』に掲載された訳でも,該当部分は「その多くの部門では,高度な資格を持つことが望ましいか,ないしは不可欠とされているのである」となっている。developedを「高度な」とするのは実にきちんとした訳で,読者の皆さんにもぜひ見習ったほしいところだが,qualificationsははたして「資格」でよいのだろうか。

まずは「資格」という日本語の意味を考えてみよう。『新明解国語辞典』(第五版)には,「1.[一定の行動が許される]その組織内での地位。2.その事を行なって(に従事して)もよいと公に認められる条件」という2つの語義が示されている。この訳文の「資格」はおそらく2.の意味であろうが,この解釈は狭すぎるのではないだろうか。qualificationには「能力」という意味もあり,ここではこの意味で解釈したほうがよいのではなかろうか。COBUILD on CD-ROMを見ると,The qualifications you need for an activity or task are the qualities and skills that you need to be able to do it.という記述があり,例文としてResponsibility and reliability are necessary qualifications...というのが挙がっている。つまりは「資質」ないしは「能力」という意味だ。上記引用のdeveloped qualificationsは「高度な能力」と解釈できるのではないか。

ぼくは何もここで『読売新聞』の訳文の欠陥を批判しようとしているのではない。「資格」について少し考えてみたいのだ。英語のqualificationという語が「資格」とも「能力」とも解釈されるのは,本来「資格」が「能力の証明」であるからだ。歴史的にも,be qualifiedの意味は「能力がある」が先にあって,その後「資格がある」という意味が生じる。そう,「資格」は能力の証明でなければならない。資格を取って満足するのではなく,それに見合う能力をきちんと養い,その能力を維持していかなければならないのだ。もちろん,修士や博士などの「学位」も資格の一種である。こう考えると,大学院修了は単なる通過点にすぎないことがわかるはずだ。その後もそれに見合う能力を持ち続けていくために何が必要か。そのために今何をしなければならないか。資格にしがみついていても,その人の能力が資格に見合うものでなければすぐに見破られてしまう。大学院を受験しようとする人にはぜひしっかり考えてほしいと思う。大学院に合格しても,無事に修了して学位が取れても,学ぶという営みは一生続けていくものだから。

2004/07/23

院試塾は,そしてぼくは,こうありたい

[W]hen everyone says the same thing about a person, where there is absolute agreement, the person is usually totally boring. The people who inspire conflicting opinions are the most interesting. When one person characterizes someone as funny, another says serious, one says stupid, another says smart—that's someone you want to know. (Richard Saul Wurman (2001) Information Anxiety 2. QUE. p. 17)

教育は製造業ではない。ただ「お客様」に「お愛想」を振りまく画一的なサービス業でもない。本当にここで学びたい人にだけ,ぼくと真剣勝負に挑みたい人にだけ,ここに来てほしい。幸い,だんだんそうなりつつある。合格した受講生に書いていただくコメントの内容には似通った部分はあるが,それは,大学院レベルの英語や研究計画書をきちんと仕上げるうえで,ぼくとの共同作業をきちんとやり遂げられた人たちの意見だからだと,ぼくは自信を持っている。

合格した皆さん,本当におめでとう。ここでの経験を糧に,どうか存分に活躍してください。そして,ぼくにもすばらしい経験をさせてくれて,どうもありがとう。皆さんとの「出会い」から,ぼくもいろんなことを学ばせてもらいました。

2003/03/02

message

messageという言葉の意味は,意外とつかみにくい。英文読解指導の現場でも,この言葉がきちんと解釈できていない状況にけっこう遭遇する。たとえば,The book's message was not clearly articulated.という文を考えてみよう。もちろんカタカナで「メッセージ」と訳してしまうという手もあるのだが,今ひとつピンとこないのではないだろうか。ここでのmessageの意味を英語で簡潔に定義するならwhat someone / something is trying to communicateで,日本語では「言いたいこと,言おうとしていること」となるだろう。

ぼくがこの語をできる限り「メッセージ」としたくないのは,このカタカナ語に「伝言」という意味合いがついて回るからなのだが,今読んでいる本の冒頭に,かなり考え込んでしまう例が登場しているので紹介したい。

I woke up to find the message in my left hand. It had me trembling. It wasn't a fax, telegram, memo, or the usual sort of missive bringing disturbing news. In fact, my hand held nothing at all. The trembling was the message. (Michael J. Fox (2002) Lucky MAN—a memoir. Hyperion. p. 1, emphasis added)

この引用に2回出てくるmessageを日本語に訳すのが難しいのは,「伝えるべきこと」と「伝言」の2つの意味が重なって用いられているからだ。a fax, telegram, memo, or ...という部分を考え合わせると,このmessageは「伝言」ととらえてもよいように思われる。しかし,全体を訳してみると,「伝言」では意味がずれてしまうことは明らかだ。特に最後の,The trembling was the message.とのかねあいが問題となる。

ぼくなりの試訳を見てもらおう。

朝起きると,左手がぼくに何か重要なことを伝えようとしていた。その内容に思わずぼくは震えた。こうした心配の種はファックスや電報,メモ書きや仰々しい手紙などで伝えられるのが普通だ。しかし,ぼくは左手に何も持っていなかった。左手が震えていること自体が,ぼくに何かを伝えようとしていたのだ。

とりあえず訳してみたという感じで,まだまだ検討の余地はある。かなり説明的になってしまったことは否定できない。しかし,このコラムでくり返し述べてきたように,過剰な原文偏重主義はよくわからない訳を作り出す。また,場合によっては矛盾を生じかねない。たとえば,第1文を「朝起きてみると左手にメッセージがあった」としてしまうと,In fact, my hand held nothing at all.との矛盾が生じる可能性がある。だからできれば,messageをそのまま「メッセージ」とするのは避けたいところだ。

あるいは,ここのmessageは比喩的に擬人法で用いられている,という考え方で訳出を進めることも可能だろう。そう考えれば,第3文との整合性も問題なくなる。実際,この引用部分を後続文脈と合わせて検討すると,messageばかりでなくtremblehold nothingなどにも,2つの意味が同時に重ねられているのではないかとも考えられる。trembleについては,試訳でも2つの違った訳をつけてみた。

英文がすらすら読めたらいいのに…,という声をよく耳にする。また「速読」がもてはやされる世の中でもある。しかし,こうした英文を見るにつけ,少なくとも日本人が英文をきちんと理解するためには,時には立ち止まりながらじっくり考えて読むことも必要ではないかと感じる。そのように読んで本当にその英文のmessageがわかった時には,無上の喜びが感じられるのだ。

2003/02/11


今どきの大学生

今週発売(2003年2月3日号)のAERAに「面接官が明かすホンネ—人気上位企業41社の『NG』と『OK』」という記事が掲載されている。これを読んでいて,今どきの大学生についていろいろ考えるとともに,院試塾での研究計画書等の指導経験について思い当たるところがいろいろあった。たとえばこんな記述がある。

[面接の自己紹介で]面接に出かける日の朝あったことなどを交えるのもいいと会社説明会で話したら,今度は「今朝,家を出るときに……」と話し始める学生が続出した。(中略)「具体例を挙げると,それがテレビ朝日に入社するためのマニュアル的に捉えられてしまうんです」(p. 8)

たしかに,院試塾の指導でもこういったアドバイスを求められることがある。「どう考え書くか」ではなくズバリ「何を書けばよいか」を教えてくれというものだ。ぼくは最初からこういったアドバイスはしたくない(院試塾の指導理念についてはトップページを参照のこと)ので,はっきりそう言ったこともある。サイトのコンテンツには例として挙げてあるものもあるが,「なぜそれを書く必要があるのか」の方が大切だと思っている。そもそも,何を書くかという明確な基準が公開されているわけでなし,我々だって論理的に「『研究計画書』(あるいは『志望理由書』)だから…」と考えたり,過去の指導経験から「推測」しているにすぎないのだ。

しかし一方で,この「マニュアル的発想」というとらえ方は違うかもしれない,とも思っている。実際に大学で学生を教えていると,抽象的な言葉,自分で考え解釈しなければならないような指示が,この2,3年とみに通じにくくなっているような印象を覚える。どうやら,言葉を「額面通り」にしか受け取れなくなっているのではないか。「要は自分のものの見方・考え方や個性が伝わるような自己紹介をするのがよい」というのが上の引用のアドバイスの趣旨なのだろうが,おそらくその部分は伝わっておらず,たまたま伝わりやすかった「その日の朝あったことを交える」だけが,説明会に来ていた学生の頭に残ったのではないだろうか。

また,次の引用文を見てほしい。

AERAが企業に行った]アンケートで「内定を決めた一言」が少ないのは,それによって「『またか』と思う自己PRや志望動機」が拡大再生産されることを避けるという判断が働いているから。

ソニー…の方針は,「採用関連の取材では,具体例を挙げないことにしています」(広報担当者)
何年か前に就職情報誌の取材で,採用担当部長が好印象を持った学生の話を具体的に答えたら,翌年の面接では大量の学生がその話を真似たからだ。
多くの企業が同様の理由で,例を挙げることをいやがり,「こう言ったから内定,という決まったものはありません」と挙げてこなかった。(pp. 10-11)

これもありそうな話だ。大学生のレポートにも似たようなことが言えると思う。下手に実例を挙げようものなら,その手のレポートが続出する。その段階で後悔してももう遅い。実例として挙げたことが書いてある以上,そのレポートを落としたりできないからだ。そもそも,最近の大学の雰囲気だと,いくらできが悪いといってもそう簡単に多人数を落とせるものではない。少しはそういう授業があったほうが,刺激もあって大学生ももう少し勉強すると思うのだが。

幸いにして院試塾の指導ではあまりお目にかからないが(まあ,トップページであれだけのことが書いてあれば,そういう安直な意識の人は指導など頼まないでしょうねぇ…(^^;)),おそらく巷では,研究計画書の参考書を見てそのまま項目だけを変えたような計画書が続出しているのではないだろうか。そもそも,そういう人たちはどうして大学院に行きたいと思うのだろう?

ちなみに院試塾では,受講生の研究計画書の実例を出していない。また,希望があっても,受講生に過去の記録を見せることはない。もちろんこれは,書いた書類はたとえ指導を受けたにしてもその受講生自身のものであるし,公開することによる影響を避けることが第一の理由だが,たとえその点がクリアされたとしても,それはあくまで書いた本人のさまざまな事情が背景にあってはじめて成立するもので,同じようなことを書いたからといって受かるような単純なものではない,という気持ちがある。

さらに,こういうことも書いてある。

ある小売り大手の担当者は,そもそも聞いたことにきちんと答えられない学生が目立つという。「なぜ小売りか」と聞いているのに「御社の志望理由は……」と答え,「学生時代に越えるのがたいへんだったハードルはありましたか?」という質問には,有無を答える前にいきなりエピソードを語り始める。簡潔に,といってもとにかく長い。「これも言いたい,あれも言わなきゃと思っているから状況判断ができないんですね」(pp.9-10)

研究計画書で言えば,まず記述項目の指示を正確に実行できない,というのがある。「研究の計画」を述べなければならないところで,既存の研究の批判を延々とやる。また,ほとんど小論文といった感じの研究計画書も多い。「研究計画書」という用語の意味を,専門的にでなくても検討してみれば済む話だと思うのだが,最初からこれがきちんとできる人は少ない。

英語でも,「下線部(1)を説明せよ」という設問指示を無視して,言い換えの箇所ばかりを抜き出して答えている答案がけっこうあったりする。設問指示を素直に読めばよいだけの話だと思うのだが,どこかで「解法」などという悪い癖を植えつけられているらしく,それがなかなか抜けない。

さらに以下の引用を見てほしい。

1月下旬,大学主催の就職セミナーに参加していた早稲田大学の学生が気にしていたのも,エントリーシートを目立たせるために蛍光ペンを使うべきか否かだった。「蛍光ペンが有利ってネットで見ましたけど,マニュアル本にはみんながそうするから逆に目立たなくなって損だと書いてあるんです。ほんとは蛍光ペンより内容勝負だってわかってるんですけど,アンダーラインくらいは引いちゃうかも」とまじめな男子学生。この日のセミナーは,模範解答を教えるものではなく「心構え」中心だったが,別の男子学生は不満げにいった。「ぼくが学生時代にやったことといえば,せいぜい旅行。でも3年も学生をやってて1ヵ月旅行しましたじゃまずいでしょ。内定をもらえる話にするにはどう繕えばいいか,聞きたくて来たのに」

こんな学生に「授業評価」なんてやらせて大丈夫か? また,こういった学生の反応を「敏感に察知」して,授業のやり方や内容を変更したりする教員がいたり,それを積極的に評価する雰囲気があることがそもそも問題だとぼくは思っている。要するに,いい年をした大人が,生活の不安から(少子化の時代だから学生は「お客様」で授業は「商品」)「ダメなものはダメ」と言えなくなっているのが今の日本なのかなと思う。

まあそれはともかくとして,エントリーシートを「目立たせる」ために蛍光ペンを使うのは,はたして得策なのだろうか。もしぼくが採用担当者だったら,そうしたものからまず捨てていく。なぜならそれは,「書類は黒か青のペン書き」という,いちばん基本的なルールに反するからだ。損とか得とかの問題ではない!!

模範解答を求めるというのもよくある話だ。上の実例の話ともつながってくる。しかし,それが万人に通用するものではないだろう。就職活動の面接や研究計画書については特にそうである。基本的な考え方をしっかり理解し,それにそって自分なりに考えていくことが必ず必要となる。これをいやがったり面倒くさがったりしているようでは,就職も進学も,最終的にはうまくいかないだろう。

誤解のないように付け加えておきたいのだが,最初からきちんとしたことが「できる」必要はない。そもそも,そういう人には大学院入試予備校など必要ないだろう。知らないことがいけないのではない。大切なのは,ここでぼくが述べたような考え方に気づき,それを受け入れられるかどうかだ。幸い,「私は,指導当初は,たくさんのコメントを見て,『こんな具体的なことは入学後に考えればよいことではないか,何を書いていいのかわからない。』などと思ったりしました。しかし,今の段階では,いい加減な心構えで計画書を書いてはいけない,具体的な内容が書いてない計画では,大学院に入学しようという意思も感じられず,また,入学しても計画は成就しないものだと実感できます。」といった,たいへん心強いコメントを受講生からもいただいている。院試塾はこのような「学問的価値観」の「伝道師」であり続けたいと考えている。

2003/01/28


熟語的発想から抜け出そう

英語を身につけていくうえで,「熟語」や「構文」と呼ばれる決まった形を覚えていくことはたしかに重要だ。しかし,そうした知識がかえって解釈のじゃまになってしまうこともある。以下の引用文を見てほしい:

There are some people who like to suggest that it is the spiritual part of us, our spirit, that is the most sacred, and therefore the most important. That would not be accurate. The spiritual part of who you are is no more important, and should be nurtured no more, than the physical or the mental part of you. (Neale Donald Walsch (1999) Applications for Living from Conversations with God. Hodder and Stoughton. p. 52, emphasis added)

no more ~ than ...は通常「…と同じくらい〜でない」と否定に解釈すると教わる。学習用英文法書である『ロイヤル英文法改訂新版』(システムソフト電子辞典版)にも以下の記述がある:

(A is no more B than C is D.)「AがBでないのはCがDでないのと同じ」:この構文では,「AはBでない」ということを言うために,常識的にもしくは文脈から明らかにC≠Dとわかる例を引き合いに出して,AがBである可能性も絶対にそれ以上はない (no more) という形で両方とも否定している点に注意。
A home without love is no more a home than a body without a soul is a man.(愛のない家庭が家庭でないのは,魂のない体が人間でないのと同じである)

これすらきちんと覚えていない人も多く,少なくとも定番通りの意味を知っているだけでもそれなりに英語を勉強しているということになるのだが,この定石だけでうまく処理できないのもまた外国語というもののやっかいさであり,おもしろみでもあるだろう。

引用文を検討してみよう。まずは背景について。この本を含むシリーズでは一貫して,人間がbody / mind / spiritの3つから成り立っていることが説かれている。それをふまえて第1文では,この3つのうちspiritがもっとも重要だと言いたがる人がいる,と述べている。しかしそうではない,というのが筆者の意見で,それを具体的に述べているのが今回のポイントを含む第3文である。ここで大切なのは,この3つがどれも重要ではない,という意味にはならない,という点だ。実際この本では,これら3つのどれも重要だということがくり返し述べられているし,そもそもこの3つがどれも重要ではないなどと言ってしまったら,つまりはそれで成り立っている人間も重要ではない,ということになりかねない。もちろんそんなことはないのである。

それではこのno more ... than ~はどう解釈すべきなのか。実は前出の『ロイヤル英文法改訂新版』に「参考」として以下の記述がある:

(no more ~ than …)が(not more 〜 than …)を強めた形で,公式どおりに訳さなくてもよい場合もあるが,その差はそれほど明確ではない。(no ~er than ...)の-er 形の比較級の位置に,more ~形の比較級が入っていると考えられる場合もあり,要は文脈しだいであるといえよう。
Designing a beautiful garden is no more difficult on clay than on anything else.
(美しい庭園を設計するのは,粘土上であっても,ほかのどんな土質の場所と比べて特に難しいことはない)
Clay is no more expensive to use than any other drainage material.
(粘土は他のどの排水施設用の材料とくらべても,決して高くつくことはない)

要するに,「…よりも〜かというとそうではない」と解釈する,ということだ。引用文の該当部分についても,「自分自身の本質の魂の部分が,形ある部分や精神の部分と比べてより重要かというとそうではないし,特に魂の部分だけをはぐくまなければならないということでもない」と考えれば,body / mind / spiritの3者が等しく重要だということになり,筆者の説いている内容ともうまく一致する。

もう一度『ロイヤル英文法改訂新版』の参考の記述に注目してほしい。「要は文脈しだいであるといえよう」とある。このコラムでも何度か述べてきたことであるが,文脈を無視して文を解釈することなどできない。この「文脈」というのも時にとらえどころがなく,この言葉を持ち出すと学習者はいやな顔をするものだが,この壁を乗り越えない限り「使える」外国語など決して身につかない。

2002/12/01


簡単な言葉が実は難しい

よく言われることだが,簡単な言葉が実は難しいことがある。ちょうどそんな例に出会ったので紹介しよう。以下の引用文を見て欲しい。

The human equilibrium is open. It is capable of shifting within flexibie but finite parameters. People can change, but only within bounds. In contrast, the present industrial system is dynamically unstable. It is organized for indefinite expansion and the concurrent unlimited creation of new needs, which in an industrial environment soon become basic necessities. (Ivan Illich (1973) Tools for Conviviality. Marion Boyars. p. 46, emphasis added)

冒頭の文のopenがポイントである。基本どおりに「開かれている」「開放的な」と解釈しても,あまりピンとこないのではないだろうか。いろいろな辞書を見ても,この文脈にぴったりする語義・訳語は見あたらないようである。

しかし,文脈をきちんと検討すればかなりのヒントがあることがわかる。まず,In contrastから考えて,unstableと対比されていることがわかる。さらに,is open—is capable of shifting—can changeという言い換えを追っていくと,少なくとも「変化することのできる」という意味だと判断できる。

さらに,それぞれの言い換え部分にwithin flexible but finite parameters / only within boundsとあるのに対して,In contrastに続く部分にindenifite / unlimitedがあることから,openは「ある範囲のなかで変化することのできる」という意味であると判断できるだろう。この「ある範囲のなかで」が,In contrast以下のunstableに対して,stablyすなわち「安定して」という意味成分であると考えてよいだろう。

以上のことから,このopenは「一定の範囲内で安定して変化することのできる」という意味だということになるだろう。別の英語で言い換えるならadaptiveあたりが適切ではなかろうか。

さらに,このopenequilibriumの述語になっている点も重要である。equilibriumは「均衡状態」を意味するので,そもそも「安定した」という意味が含まれているのである。

ついでにもう1つ注目しておきたいのがdynamicallyである。「動的に」ではほとんど意味を成さないだろう。この語についても,上で見たように文脈を追ってみると,「たえず変化していて」という意味だとわかる。まあ,これはdynamicから判断すればわかることであるが。

なお,このopenの意味が辞書に載っていないからといって,「だから辞書なんて役に立たない」ということにはならない。そもそも,あらゆる文脈を想定して辞書を作成することは不可能である。そもそも,辞書を作る側は,使う側が文脈を十分に考慮し,例文なども活用しながら,自分なりに訳語を組み立てることを期待しているのだ。つまり,辞書がきちんと使えるようになるにもかなりの訓練が必要だということだ。そして何より,英文読解は結局「文脈」を読むことだということが,この英文を検討することによってわかったのではないだろうか。

2002/10/14


名詞化構文—英文読解の難所

英文読解でなんといってもやっかいなのが名詞化構文の読みほどきである。英語の名詞を名詞のままで理解していたのでは,なかなか意味がきちんととれない場合が多い。とりあえず節の形に戻して読むのが基本であるが,こうした処理がきちんとできる人は意外に少ない。下の文を検討してみよう。

XML's heritage is in the Standard Generalized Markup Language (SGML). Created by Dr. Charles Goldfarb in the 1970s, SGML is widely used in high-end publishing systems. Unfortunately, SGML's perceived complexity prevented its widespread adoption across the industry (SGML also stands for "sounds great, maybe later").(Doug Tidwell (2001) XSLT: Mastering XML Transformations. O'Reilly. p. 4, emphasis added)

この引用文のように,名詞化と無生物主語構文は組み合わせて用いられることが多い。無生物主語構文の理解の基本は,無生物主語を副詞的に理解することだが,多くの場合には副詞節として理解する。この場合もそうである。つまり,SGML's perceived complexityを副詞節にほどいて考えるわけである。

と言っても,この場合にはperceivedが入っているためにさらに話が複雑になっている。そこでまずは,このperceivedを外して考えてみよう。SGML's complexityは形容詞complexの名詞化で,所有格は元の形容詞の主語に相当するから,because SGML was complexとほどくことができる。これにさらにperceivedをからめていくわけだ。perceived complexityは過去分詞+名詞の構造だから,これをほどくと受動態のcomplexity is perceived,さらには[V]perceive [O]complexityにまで戻すことができる。このcomplexitySGML is complexとなるわけだから,全体としてはbecause they perceived that SGML was complexととらえることができる。これでだいぶ見通しがよくなったのではないだろうか。

続いてits widespread adoption across the industryの部分である。今度は動詞adoptionの名詞化だが,他動詞の名詞化には注意が必要だ。というのも,所有格が能動態,受動態いずれの主語を表す可能性もあるからだ。この場合にはit = SGMLなので,受動態の解釈をとることになる。よってits widespread adoption across the industryit was adopted extensively across the industryとなる。なお,widespreadは形容詞としてしか用いられないので,同義語であるextensiveの副詞形extensivelyを用いて書き換えておいた。

それでは全体を書き換えてみよう。A prevents Bbecause A, not Bと考えればよいから,because SGML was perceived to be complex, it was not extensively adopted across the industryと書き換えることができる。日本語に訳すと「SGMLは難しいと感じられたので,業界全体で広く採用されるようにはならなかった」となる。

よく「いちいちこうやって理解していたら英文なんて読めない」などと言う人がいるが,それは間違っている。この作業をあまり意識せずに,しかも高速でできるようになるまで徹底的に訓練することが大切なのだ。これは日本語に訳すための作業ではない。英文法の分野でも,生成文法理論では初期の段階から問題になっている構造で,母語話者にとっても名詞化構文と節構造の関連性は十分意識されていると言えるのである。

2002/10/13


副詞—このやっかいな品詞

英語を読んでいていちばんやっかいな品詞は副詞ではなかろうか。-lyで終わる副詞を判で捺したように「〜的に」と訳してもきちんとした理解に到達できないことは,すでに「英語が読めるようになるには…」で書いたとおりである。今回もそんな副詞を含む用例を検討してみたい。Lawrence LessigCode and Other Laws of Cyberspaceからの引用である。ちょっと長くなるがまずは読んでみてほしい。

The problem was that when he went to cyberspace, he never left Ann Arbor. "Going" in cyberspace functions differently from "going" in real space. When you "go" somewhere in real space, you leave; when you "go" to cyberspace, you don't leave anywhere. You are never just in cyberspace; you never just go there. You are always both in real space and in cyberspace at the same time.

And so too with Jake. While sitting in a dorm at the University of Michigan, he was able to teleport himself—in the only normatively significant sense—to a different world where the norms of civility and decency that governed outside his dorm room did not obtain. Cyberspace gave Jake the chance to escape Ann Arbor norms and to live according to the norms of another place. It created a competing authority for Jake and gave him the chance to select between these competing authorities merely by switching his computer on or off.(p. 21, italics in the original)

問題となるのは下線部,特にnormativelyの解釈である。形容詞normative『リーダーズ英和辞典』第2版で引いてみると,「標準の, 標準値を測定する; 規範に従った[基づいた]; 規範を定める, 規範的な」といった訳語が挙がっている。この中から選ぶとすれば「規範を定める」ということになり,この訳語が載っているだけでもこの辞書の良さがわかるのだが,やはりこれでもピンとこない人は多いだろう。

まずは文脈を検討してほしい。太字にしておいたが,これ以降にnormという語が何度か登場している。つまりnormがキーワードになっていることがわかるわけだ。名詞norm→形容詞normative→副詞normativelyと派生していることを考え合わせ,とりあえず「規範に関して」としておこう。このように,名詞normが後続の形容詞significantを修飾できるように副詞normativelyになっている,と考えるのが,このような派生副詞の意味をきちんと考える第一歩だ。少し範囲を広げて,in the only normatively significant senseを対象としてさらに検討してみよう。significantはこの場合「重要な」と考えてよいだろう。となると,normativelyは「規範という点で」と解釈してよいだろう。すると下線部全体では,「規範という点でだけ重要な意味において」となる。onlyはこの場合the onlyとつながるのではなく,normativelyにかかっている点にも注意したい。

2002/08/20


英語でJ-POP

久々の更新で,前回から半年以上もたってしまった。このコラムを楽しみにしてくれている人たち(いるのかな?)には本当に申し訳ない。

というわけで,今回は少しcatchyなタイトルになってしまったが,別にJ-POPの歌詞を英語に訳してみる,といったものではない。日頃ぼくが授業で使っているJ-POP関係のちょっとしたネタ(&それについて調べた結果)を公開しようというだけの話だ。それにしても,このJ-POPというジャンル名だが,「ニューミュージック」世代にはちょっとしっくりこない。といっても,今さら「ニューミュージック」でもあるまいし,ましてや「歌謡曲」や「流行歌」では完全にズレてしまうから,いささかしぶしぶではあるがJ-POPという名称を用いることにしよう。

まず1つ目は宇多田ヒカルのAutomaticである。この歌のタイトルであるautomaticという語であるが,よく知られている意味は言うまでもなく「自動的な」である。しかし,歌詞の内容から考えるとどうやっても「自動的な」では意味が合わないのは明らかだ。「ついついそうなってしまう」といった意味であることが,歌詞をきちんと検討してみるとわかるはず。実際,辞書を引いてみると「無意識に行われる」(『リーダーズ英和辞典』第2版)といった訳語が載っている。心理学分野などの文献でもよく見かける言葉である。ついでに英英辞典も見てみるとdone as a natural reaction without thinking (Cambridge Learner's Dictionary)とあり,My automatic response was to pull my hand away.「私はとっさに手を引っ込めた」という例文が挙がっている。さらに,副詞形のautomaticallyについては,Collins COBUILD on CD-ROMAutomatically Tommy's hand went to his forehead.という例文がある。これはまさに「無意識に」と訳すことができる。

実はこの話,高校生から大学生までを相手に何度かしたことがあるのだが,ぼくが話すまであまり考えたことはなかったようだ。ぼくはどちらかというと,歌を聴く時に歌詞を重視するほうだから,こうしたことは気にせずにはいられないのだが,彼らはIt's automatic.と宇多田ヒカルが歌うのを聴いてどのように感じているのだろうか。尋ねてみたりもしたのだが,「そういえばそうですねぇ」といった反応しか返ってこず,どうもはっきりしない。

続いてとりあげるのが,男性ヴォーカルデュオのCHEMISTRYである。この名前について授業でとりあげたことが何度かあるのだが,ぼくはつい最近まで,このchemistryは「相性」という意味だと思っていて,授業でもそのように話してきた。まさかヴォーカルデュオの名前に「化学反応」はないだろう,と高をくくっていたのである。しかし,短大の授業でこの話をしようとして,「彼らはどうしてCHEMISTRYっていう名前なんだろうね」と言って何人か指名したところ,「化学反応によって思いがけないものができるから」と答えた学生がいて,ちょっとハッとした。この学生が示した解釈と,その感性に。まだまだこういう風に,自分なりにものを考えられる学生もちゃんといるんですね。

その後調べてみたところ,この学生の考えが正しいことがわかった。『J-POP追いかけネット』(http://www.oikake.net/)というサイトのアーティスト紹介に「CHEMISTRY』とは『化学反応』のこと。二人の個性は1+1=2ではなく,無限のパワーを生み出すことができるはず,という意味を込めてネーミングされた」(http://www.oikake.net/artists/Chemistry/profile/)とある。やっぱり何事もきちんと調べなければならないと,ちょっと考えさせられてしまった…。

2002/08/20


英作文の考え方

英作文が不得意な人は多い。「日本人は英語の読み書きはできるが…」と言っていた時期もある(このこと自体の妥当性も疑わしいものはある)が,今はそんなことはない。大学入試では,一部の国公立大学の2次試験で出題されているが,ぼくの大学時代の先生に話を聞くと「最近の受験生の英作文のできはきわめて悪い」らしい。

大学院入試の場合,英作文が出題されるのは,主に文学系研究科と,一見意外に思えるかもしれないが,理工系である。実は意外ではないだろう。というのも,理工系の場合,読む文献も英語である割合が高く,成果発表も英語が多い。文学系研究科の場合には,英語・英文学系以外では,英語の論文を読み書きする必要性は,理工系に比べると低いのではないだろうか。

英作文の上達法ということになると,これはもう「とにかく書いて直してもらう」しかないだろう。ぼく自身の経験で言うと,大学入試の時にけっこう勉強したのと,大学1年の時にEssay Writingに近い授業があり,この経験は今の英語力のベースにもなっていると思う。さらに,予備校の英作文の授業を,アメリカ人教師とペアで担当した時の経験も大いに役立っている。

たとえば以下の問題を考えてみよう。大学入試の問題である。

日本は万事全体主義の国で,イギリス的個人主義はどうも協調性がないとか,偏屈であるとかいう汚名のもとに忌避される傾向がある。私自身は,子供の頃から,団体で何かをしたいとか,皆がそうするから自分もそうする,とかいう考えは全くなかった。それゆえ,日本の団体社会ではどうも暮らしにくいところがあったけれど,イギリスに渡ってみると,この国が非常に住み易い,気持ちのよい国であることにすぐ気がついた。そして,その気持ちの良さは,景色の良さや気候の快適さといったような表面的なことに依るのではなく,じつはこの国の個人主義的社会の風通しの良さによるものだったと気づくまでに,いくらも時間はかからなかった

この問題の正解率は相当低かっただろうと推測される。実際,ぼく自身もこの問題を何度か予備校の教材として使ってみたが,相当上位の生徒でも手がつかない者が多かった。

この「難しさ」の原因は,英文読解の場合同様,直訳的発想ではないだろうか。いちばん問題となるのは「個人主義的社会の風通しの良さ」だろうが,手がつかないという人は,「個人主義的」なんて知らない,とか,「風通しの良さ」なんてわからない,と思ってしまうのである。ところが,前後の文脈も含めて検討してみると,意外と簡単な英語で表現できることがわかる。

まずは全体の試訳を見ていただくことにしよう。I soon realized that that was not because of its beautiful landscape or mild climate, which are quite easy to notice, but because of the freedom that the society, which leaves us alone, gave us.といった感じになるだろう。ちょっと難しい語句はlandscapeくらいで,あとは十分理解できる英文のはずである。要は日本語の意味を深く理解すれば,ある程度使いこなせる英語でかなりの部分を表現できるのである。

試訳をもう少し具体的に検討してみよう。「表面的な」はもちろんsuperficialでまったく問題なく,... not because of such superficial factors as its beautiful landscape or mild climateとできれば◎である。しかしこれさえも,いざとなれば..., which are quite easy to notice, ...といった継続用法の関係節で「逃げる」ことは可能なのである。

さて,最大の問題点である「この国の個人主義的社会の風通しの良さ」であるが,これを解決するにはまず,「風通しの良さ」が何を意味するかを読みとらなければならない。文脈を考えてみると,「団体行動をとらなくてもすむこと」「みんなと同じことをしなくてもよいこと」をここでは「風通しの良さ」といっていることがわかる。だとすれば簡単な話で,freedomがぴったりなのである。となると,「この国の個人主義的社会が与えてくれる自由」と言った形で訳せばよいことがわかるだろう。

「個人主義的」を1語でピタッと訳せばindividualistとなるが,接尾辞-istが「〜主義的な」という形容詞の意味でも用いられることを知っていなければならないなど,なかなか手強い。もちろんこれを知っていて適切に使うことができれば◎だが,大学入試の問題である点も考えると,これを要求しているのではないとも考えられる。

ではどうなるのか。試訳では..., which leaves us alone, ...としておいた。ここで言う「個人主義的」とは「個人の行動にあれこれ干渉しない」といった意味になることがわかるだろう。これはleave ~ aloneという,大学入試レベルの慣用表現でもあり,「放っておいてくれ」といった感じで会話にも多く用いられる表現できわめて簡単に表現できるのである。

要するに,英作文のコツは「難しく考えないこと」である。これは別に試験に限ったことではない。日常の生活や業務で英語を使っている人に尋ねてみるとよい。専門用語を除けば,そんなに難しい表現は使っていないはずである。しかしだからといって,英作文が易しい,ということにはならない。なぜなら,このように一見難しい日本語の文を易しい英語で表現しようとすれば,そこには必ず「発想の転換」が必要になるからだ。しかも,このようなことはあまり学校では教えない。

最後に,この問題のちょっと難しめの正答例を紹介しておこう。I soon realized that this was not because of such superficial factors as its beautiful landscape or mild climate, but because of the freedom that the individualist nature of the society grants us.といったところに落ち着くのではないだろうか。

2002/02/17


perceptual=「知覚の」?

日本語に訳してもわからない,という声の背景にはいくつかの要因があるが,その一つが表題に挙げたような理解のしかたであると言える。そもそも「知覚」とは何かがわからなければ,いくら「知覚の」と訳してみたところでその意味がわかったとは言えない。もちろん,心理学のように「知覚」という言葉に一定の意味を定義として与えている分野の文献であれば,一種の約束事としてそのように訳すのは当然であり,その場合,内容の具体的な理解は心理学そのものの理解に大きく左右される。理論言語学でもたとえばgovernmentを「統率」と訳す場合があるが,その意味は定義によって決まるものであり,この語の意味そのものを深く追求してもあまり意味がない(ただし,なぜある関係をgovernmentと命名したかを理解するうえでは,この語の意味を詳しく検討してみることは有益である。日本の学問では,外国の文献を読む場合にこのような考えがあまりなされないのではないだろうか。きわめて残念なことである)。

ところが,以下に示す一節はJames Gilles and Robert CailliauHow the Web Was Bornという,心理学とはあまり関係がなく(ただし,この部分はヒューマン・インターフェイスの話なので,実は心理学は少なからず関係があるし,引用文の著者であるLickliderは心理学出身である),また心理学の基礎知識を読者に要求しないはずの本からとったものである。つまりここに出てくるperceptualの意味は,心理学とはとりあえず切り離して理解すべきものであるはずだ。

A third aspect of BBN's work concerned visualization of the operation of computer programs. "The covertness of the operation of the programs of electronic computers makes it difficult for us to develop of them the same direct, perceptual kind of comprehension that most of us have of familiar mechanisms, the moving parts of which we can see and touch,' explained Licklider and Clark.(p. 14, emphasis added)

the same direct, perceptual kind of comprehensionを「同様に直接的な知覚の理解」としたのでは,何を言っているかは全くわかっていないと言ってよいだろう。

まずは文脈から意味を探ってみることにしよう。まず,perceptualvisualizationと関係があると判断できるだろう。また,visualseeとの関係がわかれば,we can see and touchと関連づけて考えることもできるはずである。

さらに,direct, perceptual kind of comprehensionと,2つの形容詞がカンマでつながっている点にも注目するとよい。通常,名詞の前に置く形容詞をカンマで区切るのは,類似の意味を持つ形容詞を2つ置く場合である。つまり,directperceptualは類似の意味を表していると考えられるのだ。

以上を総合すると,このperceptualは「目で見てパッとわかるような」といった意味で用いられているのではないか,と推察することができる。文脈から考えていって,ここまでの意味が取り出せるのである。

それではここで,英英辞典の定義を見てみることにしよう。Collins COBUILD on CD-ROMperceptualの項には,Perceptual means relating to the way people interpret and understand what they see or notice.という記述がある。今ひとつ物足りない感じもするが,これでも「知覚の」よりはずっとよくわかる。それでは続いて,動詞形のperceiveを見てみることにしよう。If you perceive something, you see, notice, or realize it, especially when it is not obvious.とあり,一見ここでの意味とは合わないようにも思えるが,本来は見えない「コンピュータ内部でのプログラムの動き」を「見てとる」と考えればつじつまが合うだろう。

抽象的な単語の意味がうまくつかめないために,英文の意味がわからないことは多いと思う。しかし,院試塾で答案の添削をしていても感じることだが,英文が本当にわかるというのがどういうことなのか,つかめていない人も多い。「本気になって読めばピンとくるような理解に到達できる」ことを,まずは確認してほしい。

2001/11/25


in silico

表題の言葉をご存じだろうか。あまり見慣れない言葉だと思う。もっと言うと,新語なども積極的に収録している『リーダーズ英和辞典』にも載っていない。実は無理もない話で,おそらくは新しく作られた造語なのだ。Scientific Americanの次の記事を見てほしい。"Cybernetic Cells"と題して,細胞の活動をスーパーコンピュータでシミュレートする試みを解説しているものの一節である。

Many early attempts to re-create life in silico suffered the same problem. And so most biologists still use computers as little more than receptacles for the surge of data gushing from their robotic sequencers and gene chip analyzers.(Scientific American, August 2001, emphasis added)

コンピュータに関するちょっとした知識があれば,コンピュータとsiliconという言葉の関係はすぐにわかるだろう。「シリコン・バレー」といった言葉もある。この知識と文脈を考え合わせれば,in silicoが「コンピュータの中で」といった意味になることは容易に判断できるのではないだろうか。

しかし,もう少し知識があれば,この表現はさらに納得のいくものとなる。以下の大学院入試問題の一部を見てほしい

One of the reasons that a theory of information science is so difficult to pin down is that it brings together, in several forms, many different intellectual disciplines. Information science, in its pure form, attempts to determine how we think, store, retrieve, and transmit information. Researchers have tried to answer these questions by quantitatively describing what goes on life, or in vivo. The in vitro, or what happens in an artificial environment, branch of information science occurs when information scientists attempt to apply what has been discovered about humans to the machine environment.(the italics in the original)

in vivo / in vitroという表現に注目してほしい。このイタリックは原文どおりで,外来語であるためにこのように表記されている。in vivoは「生体内での」,in vitroは「試験管内(生体外)での」という意味である。いずれもラテン語に由来する表現だが,たとえばフランス語でvivreが「生きる」という意味の動詞であること,またガラスのことを「ビードロ」とかつて呼んでいたことを知っていれば,こちらは比較的容易に判断できるだろう。

実は上述のin silicoは,この2つの表現をふまえたものである。生物学の用語としてin vivo / in vitroは定着しているので,それに引っかけてin silicoと表現しているのだ。こうやって読んでみると,試験管の代わりにコンピュータを使っている,といったイメージもわいてくるのではないだろうか。

2001/11/18


類義語の意味の区別

医療技術短大の講読で読んでいる文章の中に,以下のようなくだりがある。まずは見てみてほしい。

Mitochondrial diseases are baffling genetic disorders. They range from mild to deadly, can occur early in life or late, and have no cures and few treatments.(U.S. News and World Report, April 9, 2001, emphasis added)

curetreatmentもどちらも「治療」となり,そのまま日本語に訳してしまうと意味の違いがわからなくなってしまう。にたような意味を持つ語を2つ重ねて意味を強調する表現方法が英語にはあるが,わざわざno curesfew treatmentsとしてあるのだから,むしろこの2つの語には微妙ではあるがはっきりした意味の違いがあると考えるのが妥当であろう。

辞典に頼る前に,何とか文脈から処理できないかを考えてみよう。nofewの違いから何か読みとれないだろうか。主題は「ミトコンドリアの病気はやっかいな遺伝病である」だから,基本的には治療が難しい,ということをこの文は言っていると考えてよいだろう。実際,「治療」という意味の語に対して否定語がついていることからもそう判断できる。noは「まったくない」,fewは「ほとんどない」だから,cureのほうがより難しい,と言っているのではないか。となると,cureが「完全治癒」,treatmentが「対症療法」といった意味を持っていると考えられはしないだろうか。

それでは,この仮定をもとに,まずは英和辞典に当たってみたが,『リーダーズ』『ジーニアス』『プログレッシブ』の3つとも,残念ながら使い分けについての記述は見あたらない。それでは,ということで,Colling COBUILD on CD-ROMを引いてみたところ,それなりに興味深い記述を見つけることができた。まずは動詞のcureから。If doctors or medical treatments cure an illness or injury, they cause it to end or disappear.とある。まず,medical treatmentsが主語になっている点に注目したい。medical treatmentscureの原因である,と読みとれるからだ。つまり,treatmentcureにいたる途中の過程であり,cureが最終結果である,ということではないだろうか。cureについてはもう1つ語義が挙げられており,If doctors or medical treatments cure a person, they make the person well again after an illness or injury.となっているが,after an illness or injuryという部分は注目してよいだろう。

さらに今度はtreatを引いてみると,When a doctor or nurse treats a patient or an illness, he or she tries to make the patient well again.とある。ここで注目すべきはtries toの部分であろう。これはcureの語義にはなかったものである。try to Vは通常結果の成就が含意されず,それにいたる道筋をたどることだけが意味される。この場合もやはり,treatmentが途中の段階を構成する手段であり,cureが最終結果である,という仮説が裏付けられると見てよいだろう。

さらにもうひとつ,cureが「完全治癒」を意味することを示すと考えられる根拠がある。動詞curecure someone of a diseaseの形で用いられるが,これは「分離」の意味を持つ動詞に共通の用法である。robdepriveも同様の形をとる。これは,動詞cureが「人から病気を切り離す」という意味を持っていることを示す証左である,と言えるだろう。

ただ何となく縦のものを横にする「訳」では,このような読みには到達しえない。小さなことにも疑問を持ち,英文の内容をより深く理解しようとしてこそ,このような理解に達することができるのだ。そして,このような理解が得られたとき,英文を読む本当の喜びが感じられるのではないだろうか。

2001/10/30


Oliver Sacks

ぼくがよく読む著者の一人がOliver Sacksである。今もThe Island of the Colorblindを読んでいる。Sacksの本は医学的な記述だけでなく,その解釈や文学的な語り口にも定評があり,医療技術短大の講読でも使ってみたいと思うのだが,文学的で高度な英語表現が多く,教材として扱うのは簡単ではない。そもそも彼の文章はフッと引き込まれて気がつくとかなり読み進んでいる,という読み方でなければおもしろさがわからないので,1回に1ページが2ページしか読み進められない講読の授業には向かないかもしれない。

この本で彼は南太平洋の島を旅する。島民の中に色盲の人が相当数いる島に行くのが旅の主目的で,やはり彼の本で必ずテーマとなる「知覚や認知の障害(という言い方は必ずしもあたらないのだが)」が話題となっている。ぼく自身,前に書いたように色弱なので,ある程度色盲の人の経験がわかるのではないかと思いきや,どうやら根本的に異なるものらしい。単に色が区別できないというだけでなく,光にたいして過敏になってしまうのだそうだ。

さて,そんな本から一節をとりあげてみたい。カロリン諸島の歴史について述べた部分である。

... The Spanish presence was passionately resented, and there were periodic rebelions, quickly suppressed. The colonists fortified their district of Mesenieng (now renamed La Colonia), surrounding themselves with a high stone wall, which by 1890 encircled much of the town. A good part of the old wall survives today (though much of it was destroyed by later colonists and by Allied bombing in 1944); this, along with the bell tower of the old Catholic church, gave us some sense of La Colonia as it must have been a century ago (pp. 79-80, emphasis added)

もしぼくが試験問題を作るなら(この文章を試験問題にするのはいろいろ問題があるだろうが),イタリックの部分を和訳する問題を作るだろう。意味は比較的わかりやすいが,訳すとなるとけっこうやっかいだ。無生物主語構文の処理もさることながら,senseを中心とした,英語特有の名詞中心表現をどう処理するかがポイントだ。

せっかくだから,これについては期間限定で訳を募集したいと思う。イタリックの部分だけを訳してメールで。ただし,ここで紹介するのであらかじめご了承を。訳を送ってくれた方には返事としてこの部分の試訳をお教えしよう。

2001/9/23


研究計画書

たまには「モロ院試」というネタについて書いてみたい。研究計画書についてである。

最近の大学院入試では研究計画書がかなり重視されており,院試塾でも英語より指導件数が多くなっている。指導しながら感じるのが「研究」と言うことに対する意識の低さである。

まず,「研究」と「勉強」は違う。しかし実際には,「勉強計画書」であって「研究計画書」になっていない場合が多い。たしかに最近の大学院は学者養成だけでなく高度職業人の養成も目的としている場合が多いが,それでも学部とは区別されるべきものであり,たとえば学部時代とは違う専門分野を新たに「勉強」したい,という場合には,基本的に学部への学士入学等を目指すべきではないだろうか。やはり大学院では「研究」を目指すべきである。

それでは「研究」とは何か。一義的には,何らかの「新たな知見」を提供しようとすることである。ただし,特に修士課程の場合には壮大な理論を構築することは不可能だから(実は,こういうスタンスの計画書も多い。「君にそんなことできるわけないだろう」と口頭試問で一蹴されるのが関の山である),既存の理論の修正・建設的批評か,事例研究になるのが一般的だろう。

いずれの場合にも,先行研究にある程度通じていることが要求される。少なくとも,自分が研究しようとしている分野の代表的な先行研究についてはある程度把握していなければならない。しかし実際には,先行研究に対する言及の一切ない計画書案も多い。もちろんそのような原稿に対しては,先行研究への言及を要求するのだが,残念ながらなかなか出てこない場合も多い。

また,ぼくが「空手形」と読んでいるパターンも多い。ただ「検討する」「検証する」「実証する」といったことだけが書いてあって,具体的な方法が示されないものだ。もちろん,研究に着手する段階で具体的な方法が決まっているケースは少ないだろう。しかし,基本的な線はやはり示す必要があるだろう。特に「検証」「実証」などの語を用いる場合には,何をもって「証」となるのかについて考えなければならない。それができないのなら,こうした言葉を用いるべきではないのだ。

そもそも「研究」を考えてみても,「何を」と同じくらい「どのように」は重要である。研究「計画」書と言う以上,「どのように」を書かなければその名に値しない。

最近は研究計画書にいろいろな欄を設けたり,記入項目を指定したりして,一定の内容を記述するよう要求する大学院も多い。一例を挙げると,「研究テーマ」「研究のモチベーション」「既存の研究の要約」「研究したい内容」「研究成果の利用法」と5つの大きな項目があり,「研究したい内容」についてはさらに「何を明らかにしたいか」「どのように取り組めばよいか」「加えられる新しい知識」をそれぞれ記せという指示になっている。このような指示が出てくる背景には,こうした「必要事項」をきちんと記入しない計画書が多い,ということがあるのだろう。

研究計画書を書くプロセスを通じて行っているのは,実は自分自身の研究に対する適性を見極め,研究に対する姿勢を作っていくことである。実際,最初は「どうしようもない」原稿を提出してきても,指導を通じてどんどんよくなり,無事合格を果たす例も少なくない。本稿が研究に対する「あきらめ」を促すのではなく,奮起のきっかけとなれば幸いである。

2001/09/23


論理的に読み,論理的に答える

というときわめて当たり前のことのように思えるかもしれないが,実はけっこう難しい。まずは下の大学入試問題を考えてみてほしい。実際はもっと長い問題文だが,該当部分だけを以下に挙げる:

A free society like ours tries to have as few controls as possible. In great measure the people are expected to police themselves. However, our society has become very large. Relationships between individuals, organizations, and the government have become more and more complex. As a result, more laws and more government agencies have come into being. They are needed to help direct those complex relationships. But some people worry about our growing number of agencies and regulations. Some people think we should stop passing so many laws. They think we should stop giving the government so many responsibilities.

設問は「下線部について,なぜそうなるのか,本文にそって,日本語で説明せよ」というものである。さて,読者の皆さんはどんな答えを考えただろうか?

当然注目しなければならないのが,下線部冒頭のAs a resultである。ここから考えを進めていくと,「社会が大規模なものになった結果,個人,団体,政府の間の関係が複雑になったから」という答えが出てくる。実際,ぼくはこの問題を予備校のテキストで数年間にわたって使っているのだが,この手の答えが多い。しかし,これでは不十分である。なぜなら「…の関係が複雑になった」と「だから法律や政府機関が増えた」は直接論理的に結びつかないからだ。この説明を予備校ですると,明らかに「わからない」という反応を示す者も多い。

ぼくが正解として示すのは「社会が大規模なものになった結果,個人,団体,政府の間の関係が複雑になり,こうした関係を調整するために法律や政府機関が必要となるから」というものである。最後の部分に注目してほしい。これが加わることで「…の関係が複雑になる」→「こうした関係を調整するには法律や政府機関が必要」→「だから法律や政府機関が増えた」という論理展開となり,論理の飛躍なくきちんとつながるのである。

この論理関係を見てとるヒントは,英文そのものの中にもある。下線部に続く文に注目してほしい。They are needed to help direct those complex relationships.とある。those complex relationshipsが代用表現になっており,complex / relationshipsともに既に出てきているので,前の部分と関連づけなければならないのがわかる。また,イタリックの部分は目的を表すto不定詞で,目的は理由の一形態だから,やはり前の部分との関連性が見てとれる。これらの関係から,この1文が前の文と理由関係になっていると判断すればよいのだ。

文章の論理は,論理関係を表す表現で明示的に示されるとは限らない。論理をきちんと読みとるためには,常に論理構成に注意を払うしかない。そしてこれは,自分の中に論理的思考を刻み込む唯一の手段なのかもしれない。そしてこれは,何も英文の読解に限ったことではない。学問・研究は常に「論理」によって構成されている。論理的思考ができないことは,学問や研究ができないことを意味するのである。自分自身で論理を紡ぎ出すことができなければ,「論文」は書けないのである。

2001/09/23


文化の共通点,相違点

ぼくが今興味を持って読んでいるのがPaco UnderhillWhy We Buy—The Science of Shoppingだ。もちろんビジネス書として読んでも十分興味深いものだが,ぼく自身は今までに考えなかったことをいろいろと考えさせてくれるのが楽しくて読んでいる。この本は翻訳(『なぜこの店で買ってしまうのか−ショッピングの科学』鈴木主税訳,早川書房刊)も出ている。

さて,この本を読んでいておもしろい箇所があったのでちょっと紹介したい。高齢者に対する商品開発について論じている一節。

Mobile phone makers currently compete to see who can go smallest, but at some point the phone with the largest buttons and liquid crystal display will be most desirable, at least among older users. (That'll be at about the same time that mobile phones go from being yuppie toys to senior citizen lifelines.) Remote controls for TV, VCR and CD player, the buttons on the camcorder, the notebook computer keyboard—at the current rate, all will essentially miniaturize themselves out of the running for senior citizen dollars. (pp. 136-137, emphasis added)

実に英語らしい発想で書かれた英文であるが,とりあえずその点については後で考えることにして,とりあえずは内容に注目したい。携帯電話を含むさまざまな機器のボタンが小さくなってきていて,それは高齢者に優しくない,ということだ。これ自体は,たとえばNTT DoCoMoが601シリーズとしてボタンが大きくて押しやすい,キートップの文字が読みやすい,液晶パネルが見やすいなどの特徴をウリにした機種を出していることからもわかるとおり,日本においても同様の問題が存在することは明らかだ。加齢が人類に共通している以上,当然文化の差を超えた共通点としてこの問題が生じるのである。

一方,この文章ではとりあげられていないが日本では高齢者にとって問題となることも存在する。それは,多くのAV機器などに見られる英語表示である。特にテープレコーダなどに多く見られる「PLAY」「STOP」「REW(IND)」「F(AST)F(ORWARD)」「REC(ORD)」「PAUSE」などの表示が,日本においてはわかりにくいと言われており,実際,これらを日本語で表示した製品も存在し,「操作部日本語表示」といった特徴を前面に押し出しているものもある。

考えてみれば,これが英語圏で問題とならないのは当たり前のことである。しかし,このような違いはじっくり考えてみないとなかなか意識できないものである。上の文章を読んでいてぼくは一瞬「なぜ操作表示の…」くらいまで考えて,ハタと気がついたのだ。いかに自分が日本文化にどっぷり浸かっているか,考えさせられる経験であった。

で,英語表現について

強調部分のminiaturize themselves out of the running for senior citizen dollarsについて考えてほしい。どういう意味だろうか。特にout ofの意味に注意するとよい。out ofは否定の意味を持つこともあり,この場合もこれに該当する。また,run for ~の意味にも注意。答えを示しておくから各自考えていただきたい。この部分の試訳は「小さくなりすぎて高齢者の購買対象とはならなくなってしまう」。

2001/05/06


英語が読めるようになるには…

英語が読めるようになるにはどうすればよいか? とよく質問を受ける。英会話ブーム全盛の中でも「読む英語」を大事に思う人がいるのはうれしい限りだ。インターネット時代にあっては,日本人にとって「読む英語」こそ英語にふれる機会であろう。

で,この質問に対する答えだが,「英語を読むこと」につきると思う。何だそんなことか,と思わないでほしい。システマティックな(と何となくそう思われている)学校教育のよくない影響か,一定のプロセス(これは実際の英文ではなく,いわば「調整された」英語を読むことらしい)を踏むとだんだん力がついて,実際の英文が読めるようになると考える人が多いようなのだ。

たしかに,人間の食生活で言うなら「離乳食」に相当する訓練期間は必要だろう。しかし,それは中学・高校の英語で十分なはずだ。私見ではあるが,大学のきちんとした英文読解の授業は原典を読むものであるから,中学・高校で「離乳食」を済ませたら,後は大人と同じものを食べる(つまりは無調整の英文を読む)しか手はないのである。

また,ある程度読めるようになってからがむしろ長い道のりである。ぼく自身,日々英語を読んでいるがそれでもわからないことに出くわすことは多い。語句や表現の問題はもちろんのこと,日本人の発想とはかなり異なる観点から書かれているものを読むわけだから,これは当たり前のことである。実用上はあまり問題がなくても,自分の中では常にわからないことを意識していかざるをえない。

さて,ぼくが最近英語でよく読んでいるのが,コンピュータ関係の本である。自分でこのようにWebサイトを運営しているのに加えて,専門学校でインターネット関係の授業を担当したり,大学で情報処理を教えていたりするから,コンピュータ関係の本を読む機会が多い。もちろん日本語のものも読むことにはなるが,英語で出ているものについては,翻訳ではなく原典を読むことにしている。そうすることで,英語を読む機会が増えるのはもちろんのこと,コンピュータ関係の語句や表現,こうした英文の背景にある考え方も理解できるようになると考えている。それに,日本語だとついつい流し読みのようになってしまい細部が頭に残りにくい場合があるが,英語だとある程度意識的に読むので,内容も頭に残りやすいのである。

そんな本の中で「あっ」と思う表現が出てきたので紹介しよう。Thomas A. Powell et.alWeb Site Engineering—Beyond Web Page Designの一節である。

Since Web sites often are not well specified, it can be difficult to do adequate testing. Testing comes on many levels ranging from functionality testing to usability testing. The key to a functionally testable site is defining what the site should do and then developing a battery of tests to prove that it does what it was designed for. (p. 30, emphasis added)

a functionally testable siteの意味がピンとくるようなら相当の上級者と見てよいだろう。英語ではこのような表現形式を使うことが多いが,残念ながら中学・高校ではそのような訓練はまず受けない。予備校でも最近は速読中心に流れが移りつつあるし,残念ながら予備校でこんなことをあまり深く解説すると生徒から嫌われることが多いから,あまり説明しないのではないだろうか。さらには大学でも,こういうことをきちんと解説してくれる教師に巡り会うのは相当ラッキーなことだと言わざるをえない。

とまあそれはともかく,このような英語の副詞の用法に関する発想は,日本語からは思いもよらないものである。functionallyという副詞がtestableという形容詞を修飾しているわけだが,「機能的にテストできる」という意味ではない。この副詞functionallyは,名詞function(ality)を形容詞testableと関連づけるために副詞にしたものなのだ!!

これは,文脈を検討すればわかるはずだ。といってもそう難しいことではない。前の文にfunctionality testingとあるから,functionalitytestが関連づけられていることは,流れにのって読んでいれば当然わかるべきことである。また,英語の語形成に関するごく基本的な知識があれば,この2つの語が「動詞+目的語」の関係にあり,「機能性をテストすること」という意味になると判断するのも難しいことではない。

ところがここでもう1つ解決すべき問題が生じる。それはtestablesiteの関係である。一般に-ableで終わる形容詞は名詞と「動詞+目的語」の関係を持っていると考えられるから,testable siteは「サイトをテストする」→「テスト可能なサイト」という意味になる。つまり,functionally testableとあわせて考えると,テストの対象が「機能性」と「サイト」の2つあるということになってしまうのだ。

ここから先は内容検討の問題となる。が,文脈からも十分なヒントは提供されている。問題となっている箇所を含む文の後にtests to prove that it (=the site) does what it was designed forとあるのに注目してほしい。これがa functionally testable siteの具体的内容である。「目的をきちんと果たすこと」がfunctionalityの具体的意味である点も,ここに注目することでわかる。こことの関連で考えると,a functionally testable siteとは「目的をきちんと果たしているかどうかをテストすることができるサイト」となる。英語的には,test a site's functionalityが元になっていると判断でき,これで一件落着である。

ここまで読んで「こんなことをいちいち考えて読んでいるのか?」と不思議に思うかもしれない。少なくともぼくは上のように考え,意味を明確につかみながら読んでいる。それで実用上問題ないスピードで読めるのか? 自分ではそう思っている。どうすればこんな風に読めるようになるのか。「とにかく英文を読む」というのがぼくの答えである。

2001/05/04


英語が本当にわかるということ(2)

医療技術短大で使っているAsimov's New Guide to Scienceからもう1つ。

This awareness was intensified through the frequent use of the appearance of the internal organs of a ritually sacrificed animal (particularly the appearance of its liver) in foretelling the future or estimating the extent of divine favor or disfavor.(p. 551, emphasis added)

さて,強調部分のthe extent of divine favor or disfavorに注目してほしい。これを「神聖な好き嫌いの程度」などと理解しては,言いたいことはまったくわからないと言ってよいだろう。

このような場合にまず見るべきは文脈である。どうやらこの文は占いの話のようである。a ritually sacrificed animal,つまりは生け贄(これも「儀式的に犠牲にされた動物」とすると意味不明)の内臓を見て占いをするのである。となると,divine favor or disfavorは「神の愛を受けたり怒りをかったりすること」と考えればよい。人によっては「ずいぶん思い切っているな」と思える解釈かもしれないが,divineを「神の」ととらえ(実は,ぼくがいつも使っている『小学館プログレッシブ英和中辞典』では,この訳語が最初に載っている),favor/disfavorの名詞化をほどけばよいだけのことである。もっとも,favor/disfavorの意味についてはさらに検討を要するわけだが。

また,the extent of ~だが,これは言語学にconcealed questionsという考え方がある。基本的には名詞のかたまりが状況によっては疑問文の意味を持つというものだが,そう難しいことではない。たとえばI don't know his address (=where he lives).の場合,one's addressという名詞がwhere one livesという間接疑問文の意味を持つ,ということだ。つまりこのthe extent ...は「程度」を表す間接疑問文として解釈できるということになる。

以上を総合してthe extent of divine favor or disfavorを書き換えてみるとhow favored or disfavored they were by the godsとなる(なお,これは先史時代の話ということなので,divineby the godsと考えるのが妥当だろう。キリスト教時代の話であればby Godと考えるべき。こういうことを気にせずにいられなくなったら,英語の思考法がかなり身についていると考えてよい)。

このような理解ができるようになるには,前回も述べたように自らにより高いレベルで「わかる」ことを課さなければならない。ちょっと厳しいことを言うようだが,「神聖な好き嫌いの程度」で何点とれるか,などというくだらないことを考えている限り,英語がわかるようにはならない(ついでながら,ぼくが採点する立場なら0点。なぜか? 内容がわかっていたらこんな訳は書かないはずだから)。

2001/04/27


英語が本当にわかるということ

今年度から,大学院時代の先輩の紹介で,医療技術短大で英語講読を担当することになった。Asimov's New Guide to ScienceからThe Cell(細胞)の章を読むことにした。その冒頭の一節。

It is an odd paradox that until recent times, we humans have known very little about our own bodies. In fact, it was only some three hundred years ago that we learned about the circulation of the blood, and only within the last fifty years or so we have discovered the functions of many of the organs.(p. 551, emphasis added)

どんなところでもぼくはparadoxという語が出てくるとほぼ必ず,学生がどのくらいわかっているかをじっくり確かめることにしている(そんなことをしているから,初回は60分で2段落しか進まなかった…)。というのも,たいていの場合学生は「逆説」と教科書通りの答えで済ませようとし,「『逆説』ってどういうこと?」と尋ねると変な顔をされてしまうからだ。しかし,これがわかっているかどうかはものすごく重要なことなのである。

ちなみにparadoxCollins COBUILD E-Dictで引いてみるとYou describe a situation as a paradox when it involves two or more facts or qualities which seem to contradict each other.となっており,さらにcontradictを引くとIf one statement or piece of evidence contradicts another, the first one makes the second one appear to be wrong.となっている。

上の記述をふまえてparadoxを説明するなら,「一見〜であるはずだと思えるのに,実はそうではなく…であること」となる。この文脈に当てはめてみると「自分の体のことなのだから,もっとわかっていてもよさそうなものなのに実はそうではなく,つい最近まで人間は自分の体のことをほとんどわかっていなかった」となるだろう。

大切なのは,このような理解をしなければ,英文の内容が実感を伴っては理解できない,ということだ。よく,訳した「つもり」,わかった「つもり」というが,この場合でもparadoxを「逆説」と訳しただけでは本当の意味はわかっていないのだ。もちろん「訳せ」と言われればやはり「逆説」とすることになるのだが,それで「わかった」ことにはならない。そしてこれは,このレベルで「わかる」ことを自ら課さなければ到達できない理解なのである。

2001/04/21


肌色

Robert FulghumAll I Really Need to Know I Learned in Kindergarten(翻訳は『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』池央耿訳,河出書房新社刊)を最近読み返しているのだが,今まで特に気にしていなかった一節がふと気になった。クレヨンの話をしている一節である。

Crayolas are one of the few things the human race has in common. That green-and-yellow box hasn't changed since 1937. In fact, the only change has been to rename the "flesh" color "peach." That's a sign of progress. (p. 48, emphasis added)

前に読んだのはもう数年前。その時には,なぜ「肌色」を「桃色」と言い換えるのか,そして,なぜそう言い換えることがa sign of progressであるのか,特に気にしなかった。英語を読む場合,こういうことは一度わかってしまうとどうということもないのだが,わからないうちは本当にわからない(というか,自分がわかっていないことにそもそも気がつかない。今回のぼくもそうだった)。

何でそんなことがわからなかったの?と言われるのを承知でいちおう説明をつけておくと,おそらく「肌色」は白人中心の見方を反映した名前なのだ。肌の色が人種によって違う以上,"flesh"が特定の色を指すというのは問題だということになり,"peach"に変更されたのだろう(ちなみに,このあたりの事情に詳しい人がもしいたら,メールで教えてください)。

ついでながら,ここまで考えると「肌色」という訳はここでは適切でないこともわかる。日本語の「肌色」も日本人の多数の肌の色に近い,という意味で「肌色」なのであり,これは白人の肌の色とは相当異なるはずである。実際,Collins COBUILD E-Dictflesh-colouredの記述を見るとSomething that is flesh-coloured is yellowish pink in colour.となっており,どうやら日本語の「肌色」とは違っていそうである。pinkは「健康」というイメージを持つ語である,などという,言語文化的な知識も思い出される。

こういう経験をすると,外国語として英語の文章を読むことの難しさがつくづく感じられる。自分ではわかっているつもりで自信を持って読んでいても,「語学的」にはわかっているつもりであっても,実感を伴って「わかって」いないことは多いのだ。特にこの本のように,文化的な内容を扱ったものではそうである。別に「だから一生勉強だ」などと教訓めいたことを言うつもりはないが,本当に「わかる」のは実に難しいということを,身にしみて感じてしまった。

さらについでの話だが,ぼく自身小学1年の時に叔父からCrayolaの16色セットを買ってもらったことがある。だからこの一節のThat green-and-yellow boxという記述は「ああ,あれね」という気持ちで読むことができた。

追加

Crayolaのサイトはwww.crayola.comProduct Informationを見ると,箱のデザインが確認できる他,この本の同じ文章の以下の記述も裏付けられる(裏付けてもしかたないかもしれないが…)。語学的にはrightの使い方にも注意したい。

Bought my very own set of sixty-four. In the big four-section box with the sharpener built right in. (p. 48, emphasis added)

ところで,日本でいうと「サクラクレヨン」ということになるのだろうか。あるいは「クーピーペンシル」か? クーピーには削り器もついていた。ちなみにぼくは色弱なので,色の名前が書いてないクーピーはちょっと使いづらかった。あんまり関係ないけどクーピーは今でも健在らしい。www.craypas.com/seihin/byogazai/coupy/index.htmlを参照のこと(笑)。

2001/03/29