電子辞書大研究

英語充実モデルの比較手のひらにコーパスを—SR-E10000の活用事例電子辞書徹底活用—和文英訳編高校生向け電子辞書
「辞書」について考えるトップ院試塾トップ

電子辞書大研究

最近の電子辞書の普及ぶりはめざましいものがある。予備校や高校で授業をしているなかで見ても,半数近くの学生・生徒は電子辞書を持っているようだ。入学祝い等で電子辞書をプレゼントするということもあるかもしれない。しかし,その使い方を正確に把握している人は多くないようで,電子辞書のポテンシャルを十分に引き出せていないように思える。また,使い方を十分把握していなければ,紙の辞書に比べて劣る点が多くなってしまう。

自分にぴったりの電子辞書を探すのもまたたいへんである。家電量販店の電子辞書コーナーを見ればわかるが,かなりの種類が出ている。また,ほとんどの場合収録辞書の組み合わせは固定しているので,ベストの組み合わせは用途を十分に検討しないとなかなか見えてこない。

今後電子辞書を購入しようと考えている人,すでに持っているがあまり使っていないという人,電子辞書なんて…と思っている人,その他電子辞書に興味・関心を持っている人の参考になるのではと考え,ぼくの知る限りで電子辞書を分析し,必要に応じてぼくなりの考えを述べてみることにしたい。

※実際にさわることのできた電子辞書の機能をもとに書いているため,すべてのものに当てはまるわけではない点をあらかじめご了承いただきたい。また,ぼく自身の仕事の性質上,英語に関する記述が多くなっている。なお,内容についてご意見などあれば,hatayan.yasumichi@nifty.ne.jpまでメールをいただければ幸いである。

電子辞書の種類

一口に「電子辞書」と言っても実はいくつかに分類することができ,用途や使い勝手も異なる。まずは電子辞書の大まかな分類から見ていくことにしよう。電子辞書は「簡易型」「完全収録型」「電子ブック型」に大別できる

簡易型

簡単な国語・漢字・英和・和英辞典等を収録したもの。電卓にキーがたくさんついたもの,という印象を受ける。後述の「完全収録型」はフタが液晶画面になっているのに対して,簡易型の表示画面は1〜2行分で本体についており,フタは単なるフタでしかない。収録されている辞書は電子辞書専用の抄録版か薄型コンパクト辞書で,ちょっとした確認には使えなくもないが,本格的な学習には不向きである。

完全収録型

本稿で「完全収録型」と呼ぶのは,たとえば『ジーニアス英和辞典』『広辞苑』など,一般に市販されている通常サイズの辞書の内容を,基本的にそのまま収録したものである。最近では,一般に「電子辞書」というとこのタイプを指すと言ってよいだろう。テレビショッピングなどで,辞書の張りぼてなどを並べて広告しているのもこのタイプであり,量販店などに行って,「電子辞書がほしい」と言った場合に見せられるのもおそらくこのタイプである。

それでは,このカテゴリをさらに細分化しながら見ていくことにしよう。

電子ブック型

ぼくが最初に手にした電子辞書は,実はこのタイプだった。画面つきの8cmCDプレーヤーとまずは考えるとよいだろう。コンテンツは,専用のカートリッジに入った8cmCDの形で提供される。当然ながら,同時に2つ以上のコンテンツは使用できない。ただし,コンテンツが自由に買い増しできるのが魅力で,辞書の改訂があった場合でもそのコンテンツの改訂版を買えば,他の資産はそのまま継承できる。また,対応ソフトをインストールすることで,パソコンでも利用できる。問題点は,大きいこと(8cmCDを使う以上,物理的に一定水準より小さくすることは不可能),電池の保ちが悪いこと(回転部分がある),音が多少気になる,といった点だろう。現在はSONYが1機種を販売するのみで,電子ブック版コンテンツを扱っている店も少なくなってしまった。

コンテンツの追加

電子辞書に対するニーズが多様化するにつれて,固定した組み合わせだけでは対応できなくなったため,基本構成にさらに希望のコンテンツを追加できるしくみが考えられるようになった。たとえば六法全書が電子辞書で使用できるのは,法律を学ぶ学生などにはたいへん便利だろうが,専用モデルを作るほどの需要は見込めないだろう。そのような場合に,発売されているモデルに六法全書コンテンツを追加できるようにしてあるのがこのモデルである。英語以外の外国語についてこの方式をとるメーカーもある。コンテンツの追加方法によって,大きく2種類に分かれる。

メモリカード

パソコンで使われているSDメモリカードやメモリースティックにコンテンツが収録されており,それを電子辞書本体のカードスロットに挿入して使用するもの。SHARPとSIIはSDメモリカード,SONYはメモリスティックを使用している。どちらも,パソコンのカードスロットなどにも物理的には挿入可能だが,SHARP/SIIのSDカードはパソコンでは使用できない。これに対して,SONYのもの(BBeB Dictionary)は対応ソフトをインストールすることでWindowsパソコンで利用できるほか,同社の電子書籍端末LIBLIeや一部の対応PDAでも利用できる。

SHARPのコンテンツカード一覧

SIIのコンテンツカード一覧

SONYのメモリースティック・ROM一覧

CD-ROM

上述のメモリカード方式はそれなりに画期的ではあるが,複数の追加コンテンツを利用するにはカードを差し替えなければならず煩雑だという問題がある。複数のカードを常に電子辞書といっしょに持ち歩かなければならないというのも不便である。こうした問題を解消してくれるのが,CASIOが発売している「エクスワード・データプラス」シリーズである。このシリーズでは,専用の転送ソフトをパソコンにインストールすることで,専用のCD-ROMコンテンツを電子辞書の内蔵メモリまたはカードスロットに挿入したSDカード(汎用のもの。ただし,専用形式にフォーマットされる)に転送して利用することができる。また,カードスロットに直接挿して使えるデータカードも発売されている。

CASIOのデータプラスソフト一覧

メーカー(各社の電子辞書トップページにリンク)

電子辞書はどのようなメーカーが作っているのか。また,各社の製品に特徴はあるのか,などについて,ざっと見ておくことにしよう。

CASIO

電子辞書シェアNo.1とされるCASIOだが,製品のラインナップも充実しており,上述のデータプラスなど新機軸の導入にも積極的である。フタの背側のパネルを着せ替える「マイパネル」もCASIOのアイディアで,学校のようにみんなが似たようなものを持っているところでは区別をつけるうえでもよいかもしれない。

SII

製品のラインナップがカシオ同様充実している。多くの製品のキーボードがパソコン・ライクな点も特徴と言えるだろう。「シルカカード」という追加コンテンツのカード対応機種もある。英語重視型機種の収録辞書の組み合わせは絶妙。

SHARP

電子辞書ではカラー画面搭載機種をラインナップに加えているのが特徴。コンテンツカードによるコンテンツの追加が可能な機種もある。第二外国語搭載機種は中国語だけで,それ以外はコンテンツカードで対応する。

SONY

ラインナップは多くないが,現行機種中もっともコンパクトなものを出している。画面の反応が鈍いのが気になるのと,例文が最初から表示されているので記述が多い項目は全部を見るのにかなり時間がかかることもある。

Canon

こちらもラインナップはさほど多くない。第二外国語は中国語のみの対応。ペンタッチ機能搭載機種があるのが特徴。また,高校生向けモデルでは学習のための機能が充実している。

電子辞書の利用法

電子辞書には紙の辞書にはない利点と問題点があり,紙の辞書と異なる使い方をしなければならない場合もある。電子辞書を活用するために必要な基礎知識を確認しておこう。

例文や成句の表示

特に外国語学習においては,例文まで詳しく検討することが大切だが,電子辞書では例文を表示するためにキー操作が必要な場合が多い。用例などがあることを示す表示が画面に出ているときに[用例・解説]などのキーを押すと,例文などが表示される。最近の大画面搭載機種では,[用例・解説]などのキーを押すと画面の下の部分にまず表示され,さらに[決定]などのキーを押すと画面全体に用例が表示されるものもある。複数の語義にそれぞれ用例が示されている場合には,カーソル(矢印)キーなどで移動する。

また,成句,つまり熟語・イディオムなどが本文とは別に掲載されている場合もあり,その場合には[成句・熟語]などのキーを押して表示する必要がある。

ジャンプ

電子辞書が紙の辞書よりも「使える」ものとなる第1の機能が,このジャンプ機能である。ジャンプ機能とは,今表示している画面中に出ている語句などを選択し,その語句を他の辞書で引くもので,複数の辞書を連携して使うことができる。たとえば,英英辞典を引いては見たもののピンとこない,という場合,ジャンプ機能を使って英和辞典の該当項目にジャンプすることができる。英英・英和の例文中の語句の意味を調べることもできるし,英和辞典の訳語の意味がよくわからない場合に国語辞典へとジャンプすることも可能だ。紙の辞書でこれをやろうとするとかなり時間や手間がかかるが,電子辞書なら簡単で,ぜひ活用してほしい機能である。

さまざまな検索

紙の辞書では,語句の先頭から順に検索を行っていく方式(前方一致検索と呼ぶ)しかとれず,たとえば語句の最後から順に検索を行うためには専用の辞書(逆引き辞典)が必要だが,内容が電子化されている電子辞書では,紙の辞書ではできない検索方式が用意されている。これを使わない手はない。主なものを概観しておこう。

注目収録辞書

英語類語辞典

英語連語辞典

電子辞書の問題点

電子辞書は,複数の辞典をコンパクトにまとめて持ち歩くことができるばかりでなく,すでに解説したように,紙の辞書にはない使い方もできる。しかし一方で,電子デバイスならではの問題もある。これらの問題点を十分に認識し,必要に応じて紙の辞書も併用しながら使うことをおすすめしたい。以下,ぼくの感じている問題点を挙げることにする。

一覧性

電子辞書でもっとも大きな問題点がこの「一覧性」である。紙の辞書なら2ページ分をざっと見渡すことができるが,電子辞書では相当回数のスクロール操作が必要となる。パソコン用の辞書でも一覧性は問題となりえるが,電子辞書の画面に比べると圧倒的に一覧できる情報量は多い。また,電子辞書では例文や解説などを見るためにもキー操作が必要となる場合もある。大切な記述を見逃す可能性があるし,本文の記述と対応させながら見るのが難しい場合もある。この点をある程度解消するために,たとえばSIIやCASIOの電子辞書では[例文・解説]等のキーを押すと画面の下3分の1程度に例文を表示するようになっている。これである程度の一覧性は確保できるが,特に初学者の場合は紙の辞書のほうが情報を見つけやすいだろう。

図表や写真

紙の辞書には図表・写真などが収録されている。パソコン用の辞書でもおおむねそのまま収録されている場合が多いが,電子辞書の場合にはメモリの容量の制約などもあり,図表や写真は収録されていない場合がほとんどである。これら収録されなかった図表等については,取扱説明書に載っている場合も多い(特に『広辞苑』のもの)が,英語関係の辞典では省略されている場合が大半だ。また,説明書に載っているにしても,まさかいつも電子辞書といっしょに持ち歩くわけではなく,図表が項目の理解に不可欠な場合などには,やはり紙の辞書のほうが優れていると言える。

また,特に英語以外のヨーロッパ言語では,動詞の活用が複雑なため,辞書の巻末には必ず活用表が載っている。これに対する対応はまちまちのようで,たとえばCASIOのXD-H7200(仏和辞典は『クラウン仏和辞典』)は活用表を収録しており,ジャンプ機能で参照することができる(データプラス用のCD-ROMについても,現在発売されているものは活用表に対応)。これに対して,SHARPのコンテンツカード(『プチ・ロワイヤル仏和辞典』)は活用表を収録していない。特に初学者は注意が必要だろう。

おすすめ機種(※Amazon.co.jpエレクトロニクス・ストアへリンク)

機種名メーカーコメント
SR-E10000 SII 英語重視型ではいちばんおすすめできるもの。リーダーズ(プラス含む),ジーニアス大英和,研究社大和英,Collins COBUILDOxford Dictionary of English,英和活用大辞典などが入っており,プロユースにも十分たえる。また,国語の類語辞典『使い方のわかる類語例解辞典』も収録。COBUILD Wordbankは約500万語分のコーパスで,文の具体的な用法を確認したり,コロケーションをチェックしたりするのに活用できる。さらに,ブリタニカ百科の日本語版と英語版(ただし簡約版)も搭載しており,とくに英語の百科事典は英文を読む際にも有効。SIIの追加コンテンツカード「シルカカードレッド」にも対応。
XD-LP9300 CASIO CASIOの最新英語重視型。ジーニアスは大英和を収録,和英はジーニアスに加え,ジーニアス大英和を和英インデックスとしても利用できる機能を搭載。リーダーズ(+プラス)も収録されている。連語辞典として英和活用大辞典とOxford Collocations Dictionaryの両方が入っているので,英作文には威力を発揮するだろう。英英は大辞典としてOxford Dictionary of English,学習用中型辞典としてOxford Advanced Learner's Dictionaryの2種類を収録。表示がかなり細かくできるのと,データ追加機能が搭載されているのも特徴。
CASIOのデータプラスソフト一覧
XD-H9100 CASIO CASIOの英語重視型。ジーニアスは大英和を収録,和英もジーニアスになっている(※個人的には研究社新和英のほうがよいと思う)。リーダーズ(+プラス)ももちろんあり,英和活用大辞典も入っている。英英はLongman Advanced AmericanLongman Activatorが入っているのがぼくとしてはおすすめポイントだ。
PW-A8800 SHARP SHARPの英語重視型。リーダーズ(+プラス),ジーニアス大英和,ジーニアス和英,英和活用大辞典に,英英はOxford Advanced Learner's。他にOxfordの連語辞典が入っているので,英作文には英和活用大辞典とあわせて使うとよい。コンテンツカードに対応しており,第二外国語コンテンツなどが増やせるので,大学生に特によいと思う。
XD-H7200 CASIO CASIOのフランス語対応型。クラウン仏和・コンサイス和仏の他,英語辞書も充実しており,リーダーズ(+プラス),ジーニアス大英和,ジーニアス和英,Longman Advanced American英英,Longman Activatorが入っている。発音機能付きのXD-L7250もある。ちなみに,CASIOにはフランス語以外にドイツ語,スペイン語,イタリア語,中国語,韓国語のモデルもある。
2005年度発売予定の新機種情報(CASIO公式サイト)
EBR-S7MS SONY 現行機種中もっともコンパクト。本体に広辞苑,ジーニアス大英和,ジーニアス和英,漢字字典を収録しているほか,付属のメモリースティックにOxford英英&類語,Oxford Guide to British and American Culture,『英語語義イメージ辞典』,『マイペディア』他を収録。反応が鈍いのが難点だが,電車に乗って本を読んでいるときなどにこのコンパクトさは重宝する。第二外国語対応の別売メモリースティックもある。同サイズのEBR-S8MSはメモリースティックとあわせて8カ国語(日・英含む)に対応。
Wordtank V30 Canon 高校生向け機種で,『ターゲット英単語1900』などの学習機能が充実している。英和・和英はジーニアスで,他にOxford現代英英を収録。英文法書として『ロイヤル英文法』,英語の活用辞典として『英語語義イメージ辞典』を収録しているのも特色である。液晶画面はタッチパネル式で,同じ見出し語を持つ辞書のアイコンが自動表示され,アイコンをタップするとその辞書の当該見出し語にジャンプできる機能がある。高校生用なので古語辞典も収録されている。
Presented by:
インターネット大学院予備校「院試塾」
Web Site: http://inshijuku.life.coocan.jp
E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp