院試塾トップ大学院入試英語講座英文読解スーパーベーシックゼミ本物の英文読解力をつけよう

大学院英語メールカウンセリング

学術英語の読解

英語力はけっこうついていると思うのに,学術論文や概説書の英文がなかなか読めない…,と感じている人は多いと思います。抽象的な内容の英文を読むのが難しい原因の中でも,特に問題となりえるのが名詞化などの派生関係と無生物主語構文です。

この2点を重点的に学習することで,今まで難しいと感じていた英文を読みこなすことが可能となるはずです。このページでは,これらのポイントに対する基本的な考えかたを解説します。

なお,ページの最後に1回完結の通信添削講座のご案内があります。また,英文読解の最初歩から学習したい,という方を対象とする「英文読解スーパーベーシックゼミ」も開講しています。

名詞化とは

名詞化の基本

名詞化とは,動詞や形容詞を対応する名詞に転換することです。英語ではこの名詞化構文が好まれ,特に抽象的な内容の文章で多く用いられます。日本語は翻訳調の文章を除いてこの名詞化をあまり使わないため,英語の名詞化構文をそのまま解釈するとピンとこない場合があります。日本語で解釈する際には,英語の名詞化構文をもとの動詞や形容詞に「ほどいて」解釈するほうが適切です。

ごく簡単な例を見てみましょう。[A]The enemy [B]destroyed [C]the city.という文を名詞化すると,[A']the enemy's [B']destruction [C']of the cityとなります。これを名詞のまま「敵のその都市の破壊」ととらえるのではなく,もとの文の形に戻して「敵がその都市を破壊したこと」ととらえるほうがわかりやすいですね。これが「名詞化をほどいて理解する」ということです。

上の例では,動詞の主語が名詞形の所有格に,目的語がofの句に,それぞれ転換されています。これを「継承」と呼びます。

受動態の名詞化

動詞には能動態と受動態があることはご存じでしょう。名詞形にはこの区別がありません。上記の例に関連して言うなら,destructionは場合によって「破壊されること」と解釈しなければならない,ということです(ただし,実際にこう訳すかどうかは別問題です。英語で受動態になっていても,日本語では能動態で訳してしまったほうがよい場合もあります)。たとえば,[A]The city [B]was destroyed [C]by the enemy.は名詞化すると[A']the city's [B']destruction [C']by the enemyとなります。やはり主語が所有格になっています。また,byの句はそのままの形で継承されています。

さらに,ここまでで見た2つの名詞化を組み合わせたような,destruction of the city by the enemyという形も見られます。

自動詞の名詞化とof句の解釈

一部の自動詞を名詞化すると,主語がof句で表現されます。arrival of the guestsがその一例です。もとの動詞arriveが自動詞であることがわかっていれば,これはさほど問題にならないでしょう。

しかし,英語の動詞には自動詞・他動詞両方に用いられるものがあり,こうした動詞の名詞化には注意が必要です。develop / developmentの対を例に考えてみましょう。

このような場合,名詞化をもとの動詞にほどきながら,of句の名詞がもとの動詞の主語に対応するのか,それとも目的語に対応するのかを考えることがいっそう大切になります。

of句以外の前置詞句の継承

名詞化に伴って継承されるのは主語や目的語だけではありません。動詞と結びついている前置詞句も継承されます。たとえば,development of larvae into adult antsはどのように解釈すればよいでしょうか。自動詞developにはdevelop into ~「〜になる」という用法があり,このinto ~の句が名詞形にも継承されているのです。こう考えると「幼虫が成虫のアリになること」とすんなり訳せます。この場合,名詞をそのまま日本語でも名詞に訳すことはほとんど不可能で,こうした名詞化にうまく対処できるかどうかが,抽象的な英文がうまく読めるかどうかを大きく左右しているのです。

その他の要素の継承

動詞が名詞化されると,その動詞を修飾していた副詞は形容詞に転換されます。たとえば,You will recover quickly.your quick recoveryとなります。これは,副詞・形容詞がそれそれ何を修飾するかを考えれば簡単にわかるはずです。

動詞がしたがえるto不定詞はそのまま継承されます。He refused to join the team.his refusal to join the team「彼がどうしてもチームに入ろうとしないこと」となります。また,that節も継承されます。He stated that he would resign.は名詞化するとhis statement that he would resignとなります。なお,この名詞化をもとの動詞にほどいて解釈することは特に重要です。というのも,このstatementを「陳述」や「声明」と訳しても意味不明ですが,もとの動詞に戻して「述べること」と考えれば,「彼が辞任すると述べたこと」とすんなり訳せるからです。

形容詞の名詞化

形容詞の名詞化も同じように考えることができます。以下にポイントをまとめておきます。

間接疑問文に展開する場合

名詞化を「〜すること」ととらえるのでなく,「〜かどうか」としたほうが適切な場合があります。たとえば,I'm not sure of his success.は,「彼が成功するかどうか私には確信が持てない」となります。もとの形はI'm not sure whether he will succeed.ですね。I'm sure of his success.のもとの形はI'm sure that he will succeed.で,名詞化形をしたがえている要素が要求する意味によって解釈を考える必要があるわけです。

また,疑問詞を復元する必要がある場合もあります。I'm not sure of the size of the task.I'm not sure what the size of the task is.,さらに展開してI'm not sure how big the task is.とすることができます。

形容詞を名詞に戻して解釈する

名詞を修飾している形容詞が,もとの動詞の主語や目的語を表している場合もあります。たとえば,environmental pollutionはそのまま「環境汚染」と訳して問題はないのですが,The environment is polluted.と,形容詞environmentalを名詞environmentに戻しながらpollutionの名詞化をほどき,「環境が汚染されること」と考えることもできます。これをさらに能動態に戻して[V]pollute [O]the environmentとしてもよいでしょう。

名詞化以外の派生関係

名詞化以外にも,品詞間の派生関係に注目しないとうまく解釈できない場合があります。以下の文を見てください。

The impact of trauma on subsequent development will be affected by such factors as the severity or chronicity of the trauma, the child's temperament, as well as the availability of emotionally responsive and protective adults or siblings.—【演習問題1】

下線部を「感情的に敏感な」などとしても,内容がわかっているとは言えません。このresponsiveは動詞respondに戻して考えるべきなのです。この際,respond to ~という語法にも注目する必要があります。あわせて,副詞emotionallyは形容詞emotional,さらには名詞emotionにまで戻して考えます。こうして見ていくと,respond to emotion(s)emotionally responsiveと転換されているのではないか,と気づくことができます。

なお,この文にはthe severity or chronicity of the trauma / the availability of emotionally responsive and protective adults or siblingsといった名詞化が含まれています。これらに柔軟に対応できるかどうかで英文をうまく理解できるかどうかが決まる,と言ってよいでしょう。大切なのは,そのままの品詞で考えるのではなく,派生関係をしっかりととらえることです。

無生物主語構文

無生物主語構文の基本

名詞化とあわせて用いられ,抽象的内容の英文が複雑になる大きな要因ともなっているのが「無生物主語構文」です。A little consideration will show you your mistakeという文を考えてみましょう。これを「少しの考察があなたにあなたの間違いを見せるだろう」すると,とても日本語とは言い難い訳文になってしまいます。これは,日本語では人間などの生物を主語にする傾向が強いのに対して,英語では抽象的な無生物を主語にして表現する傾向があるからです。

無生物主語構文で用いられる動詞は,基本的に「因果関係+X」の意味を持ちます。英語ではこれを1語(動詞によっては2語以上の場合もありますが)で表現するのに対して,日本語では因果関係の要素とXの要素とに分解して考えるわけです。上記の例で言うと,showは因果関係+seeに分解して考えればよいわけです。

無生物主語構文の読解

それでは,具体的な読解の過程を図で解説します。

無生物主語構文は動詞を分解するのが基本

すでに見たように,まずは動詞を因果関係+seeに分解します。この因果関係が,主語で表される原因と,それ以外の要素で表される結果をつなぎ合わせます。seeは表面的には目的語であるyouと,主語+述語の関係となります。seeの意味上の目的語がyour mistakeで,結果の部分はyou (will) see your mistakeとなるわけです。

無生物主語はどのようにとらえればよいのでしょうか。実は,ここで名詞化をほどくことが大切になります。A little considerationという名詞化をほどき,(If) you consider a littleとするわけです。

因果関係の解釈は大きく2種類で考えるとよいでしょう。因果関係がすでに成立しているか,それともまだ成立していないかの2つです。前者の場合,「〜なので…」と,無生物主語を原因・理由で解釈します。後者の場合は「〜すれば…」と条件で解釈します。「水を100度まで熱したから沸騰した」が前者の例,「水を100度まで熱すると沸騰する」が後者の例ですね。

【演習問題2】

それでは,これまでのポイントを以下の問題で確認しましょう。

  1. The sight of so much blood shocked her.
  2. His devotion to training enabled him to make the most of his talents.
  3. His success in the election will depend on his use of television.
  4. Two hour's walk brought him to the town.
  5. Poverty contributes to social fragmentation.
  6. I'm not sure of his willingness to cooperate.
  7. His failure to keep his promise cost him his job.
  8. Despite his assertion that he was innocent, he was sentenced to prison.

【演習問題3】

最後に,少し長い英文に挑戦してみましょう。名詞化は2箇所あります(下線で示してあります)。また,第2文はpreventを用いた無生物主語構文になっていますね。

Any grouping of human beings has its own world: a certain range of knowledge and certain modes of evaluation. Such a worldview is subject to constant modification as time rolls on. Nor can its association with the particular grouping prevent it from being adopted, to a greater or a lesser extent, by members of some other grouping.

添削講座について

受講申込フォーム

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。