大学院英語メールカウンセリング

本物の英文読解力をつけよう

大学院入試で英語が出題されるのは,研究上必要な文献を正確に読めるようになるためです。本当の意味で英文が「読める」ようになるためには,通り一遍の「訳読」から抜け出し,英文の意味が正確に理解できる読解力が必要です。

たとえば,以下の例文の下線部の意味が正確にわかるでしょうか?

The concept of the essential unity of life is based on the existence of certain lower organisms intermediate between plants and animals, and on the occurrence of fundamental features common to all organisms.

「生命の本質的統一性の概念」という答えが一般的ではないでしょうか。たしかに,どの言葉の解釈も「辞書的には」正しいし,文法構造についても「表面的には」正しく解釈できています。しかし,もう一度考えてみてください。それで本当にわかっていると言えるでしょうか。つまり,そう解釈して自分で納得できるでしょうか。「試験の答えとしてどのくらいの点数がとれるか」などという考えからは一刻も早く卒業してください。大切なのは,あなたが大学院に合格して研究活動を進めていくうえで,その英語力で英語の文献が読め,きちんと研究に生かせるかどうかです。

本当にきちんと意味がとらえられていれば,この部分が「すべての生物が根本的にはひとつであるという考え」となります。もしこれを見て「逃げて意訳している」と思うのであれば,ここから先を読んでいただく必要はありません。ただ,もう一度2つの解釈を比べてみてください。どちらがよりわかっている解釈でしょうか。

さて,ここから先を読んでいただける方には,なぜ後者の解釈がえられるのかをいっしょに検討していただくことにしましょう。ここで意味的に中心となっているのはunity of lifeの部分ですね。lifeという語1つとって見ても,辞書を引くといろいろ意味があることがわかります[※ここで辞書を必ず引いてください]。「生命」「人生」「一生」などは,辞書を引かなくても思いつくのではないでしょうか。

たくさんある辞書の訳語のなかから,適切なものを選び出すにはどうすればよいのでしょうか。まずは辞書の用法記述に注目しましょう。lifeのような名詞の場合には,可算(辞書ではC (=countable))・不可算(U (=uncountable))が大きなヒントになります。単数形に冠詞などをつけずに用いることができるのは基本的には不可算名詞だけで,この文ではlifeという単数形が冠詞なしで用いられていることから,不可算名詞であると判断することになります。つまり,辞書の訳語からUと表示されているものに注目していけばよいわけです。

続いて問題となるのが文脈です。lifeが具体的にどのような意味で用いられているかを,前後関係から確認していくわけです。文脈把握で特に重要なのが,語句相互の関連です。同義語,反意語,上位・下位語に注目してみましょう。まず,organismが目につくのではないでしょうか。これは「生命体,生物」という意味です。また,organismを下位分類してplants / animalsとしている点にも注目しておきましょう。これらとの整合性を考えた場合,lifeは「生物」ととらえるのがよいでしょう。たとえば『ジーニアス英和辞典』では,この語義には「[集合的に]」という注釈がついており,plants / animalsを含めてとらえたものがこのlifeであると考えてよいでしょう。

続いて問題になるのがunityです。辞書を引くと「単一性」といった訳語が出てきますが,そもそもこういった「漢字語」に訳す際には注意が必要です。こういう場合には,英英辞典を引いてみるのがよいでしょう。英英辞典では,語句を別の言葉で置き換えるのではなく,説明を加えてあるので,意味をより明確に把握することが可能です。たとえば,Collins COBUILD on CD-ROMでは,Unity is the state of different areas or groups being joined together to form a single country or organization.と説明されており,少し対象は違いますが,different areas or groupsplantsanimalsなどの区分が対応し,a single country or organizationには「生物全体」が相当すると考えればよいでしょう。ここまで考えてみると,「統一性」という訳語でとらえるとかなりずれてしまうことがわかるはずです。

さて,これでunity of lifeの部分が「すべての生物がひとつであること」という意味であることがわかりました。この部分にはessentialという形容詞が修飾語としてついているので,続いてはこれについて考えていくことにしましょう。unityは形式としては名詞ですが,上で見た英英辞典の定義being joined ...からもわかるとおり,意味は動詞的なものです。essentialunityという名詞にかかっているため形としては形容詞になっていますが,意味的には動詞を修飾する副詞的なものとしてとらえるのが妥当です。

それではessentialの意味を考えていくことにしましょう。やはり英英辞典(Collins COBUILD on CD-ROM)を引いてみるわけですが,意味的には副詞に相当するので,副詞のessentiallyを引いてみることにしましょう。You use essentially to emphasize a quality that someone or something has, and to say that it is their most important or basic quality.というのがあり,essential unityは「もっとも重要な点ではひとつである」と考えることができるでしょう。

これでようやくthe essential unity of lifeの意味がはっきりわかりました。それでは続いてThe concept ofの部分を考えていきましょう。この語は「概念」と覚えることが多いのですが,「考え(方)」ととらえた方がわかりやすい場合が多いので,これで覚えておきましょう。問題になるのはofの解釈です。idea / conceptなどに続くofは「同格」と呼ばれ,「〜という」と,先行する名詞の内容を説明するものとしてとらえます。つまり,The concept of ~で「〜という考え」となるわけです。

以上のように考えることで,下線部が「すべての生物が根本的にはひとつであるという考え」という意味に解釈されることが合理的に理解できると思います。

もちろん,目にする英文をすべてこのように解釈していたのでは,とても研究に使えるほどの分量は読めないでしょう。しかし,大切なことは意識を変えること,本当の意味で「英文が読める」とはどういうことかを考え直し,自らにより高いレベルの理解を課しながらひたすら訓練を続けていくことです。そして,このような読解力を身につけることが,実は大学院入試に合格する早道でもあるのです。内容をきちんと理解したうえで書いた答案とそうでない答案との違いは,きちんとした目を持っている採点官には必ずわかるはずです。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。院試塾では,いずれの英語講座においても,上記のような理解ができるようになるための訓練を行っています。英文読解の目標を高く設定された方が,多く受講してくださることを願っています。まずは以下のリンクをご覧いただければ幸いです。また,『院試塾ブログ』や『院試塾の現場から』ブログに,英文読解の実践例を掲載しています。

総合通信指導コース短期添削コース心理学英語学習講座経済学英語基礎講座英文読解スーパーベーシックゼミ図解で読む英語ゼミ

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。