院試塾トップ【解説】研究計画書ポイント集研究計画書合格者コメント受講相談
研究計画書作成指導[※見積制]研究計画書短期コメント指導放送大学大学院研究計画書ゼミ
【図解式・ステップ・バイ・ステップ】志望理由徹底探求ゼミ社会人のための大学院研究生活入門ゼミ口頭試問・プレゼンテーション指導
一橋大学国際企業戦略研究科提出書類指導

【解説】研究計画書の基本

研究計画書とはどのようなものなのでしょうか。どんなことを考え,どのようにまとめればよいのでしょうか。これらを理解するためには,「研究計画書」は「研究」の「計画」を書くものだ,という基本をしっかりふまえておく必要があります。この基本を出発点に,研究計画書について概観しておきましょう。

「研究計画書」とは?—「研究」の「計画」を書く

まずはもっとも基本的なことから確認しておきましょう。「研究計画書」は「研究」の「計画」を書くものです。これが研究計画書の本質であって,それ以外のものは必要に応じて最小限のものを含める,という姿勢で臨まなければなりません。

それではこの2つの要素,すなわち「研究」と「計画」についてさらに検討しましょう。まず,「研究」とは何でしょうか。大学院における「研究」とは,当該分野の先行研究をふまえたうえで,それに「オリジナリティ」のある知見を付け加えること,であると言えます。したがって,先行研究をふまえないものは研究ではないし,オリジナリティのないもの,つまり自分が先行研究から学んだ成果を単にまとめただけのものも「研究」とは言えないわけです。このことを簡単に図解すると以下のようになります。

続いて「計画」について考えましょう。「計画」とは言っても,たとえば「夏休みの学習計画」のような,タイムテーブルで考える必要は必ずしもありません(ただし,こうした計画を要求される場合もあります)。大切なのは,「今の自分」を「研究の達成目標」とを比較したうえで,大学院で何を身につけ,どんな資料を入手して読み,どんな調査や実験を行い,どのような指導を受ければ研究が成功するかを考えることです。以下のイメージでとらえてみましょう。

研究計画書の基本内容と構成—何を,どのように?

研究計画書とは何か,についてごく大まかに理解したところで,基本的な内容を考えてみましょう。なかには,募集要項等で記入すべき項目・内容が指示されている場合もあり,こうした場合には当然その指示に従うことになりますが,そうでなければここでの解説をふまえればよいでしょう。

研究計画書は,「何を」「どのように」という2つの問いに答えるつもりで書くのが適切です。「何を」とは,簡単に言うと研究の対象です。当該研究にどのような課題をもって取り組むのか,何を明らかにしようとするのか,と考えるとよいでしょう。

これに対して,「どのように」に相当するのが研究方法です。これは,前項で述べた「計画」とおおよそ対応します。つまり,研究目的を達成するためには,どのような方法で取り組んでいく必要があると考えているのかを記述していくわけです。

構成としては,大きく「研究概要」と「研究方法」に分けて記述するのがよいでしょう。研究概要では,「何を」「どのように」の概略を述べます。研究方法では,上記の方法(≒計画)を述べるわけです。また,場合によっては「何を」を詳述する「研究目的」の項目を設けてもよいでしょう。

あわせて,「研究テーマ」についても確認しておきましょう。研究テーマは,研究概要を凝縮したものとします。つまり,「何を」「どのように」をごく簡潔に表現したものになるように考えるわけです。

上記をまとめると以下のようになります。

学術文書の基本構成—トピックを冒頭に

続いて,文書としての記述構成について検討しましょう。指導をしていて多く見受けられるのが,研究のきっかけや背景記述から入るスタイルですが,学術文書としてはあまり適切ではありません。なぜなら,学術文書ではトピックを冒頭で提示するのが基本だからです。大事なことから順番に書くことを心がける必要があるわけですね。

これは,文書全体の構成はもちろん,段落内部の構成についても言えることです。段落でも,トピック・センテンスを冒頭に書き,それを具体的に肉付けするスタイルをとると,十分に整理された文章になります。また,すべての文がトピックをサポートするように構成します。トピックと直接関係のない文は書かない,というくらい,厳しい条件を課すのが実はよいのです。文を並べる際には,トピックと関係の深いものから順に記述します。

以下のイメージを大切に1つ1つの文,段落,セクションを構成しましょう。

動機・背景をどう書くか?

それでは,研究の動機・背景はどのように含めればよいのでしょうか。これらをまったく書いてはいけない,というわけではありませんが,あくまで文書全体のトピックである「研究テーマ」や「研究概要」との関連で,説明上必要最小限に留めながら書く必要があります。また,前項の内容から,冒頭にこれらを書くのは適切ではありません。

動機や背景はいわば研究の「過去」であると言えます。動機は研究の個人的側面の過去,背景は学問的な過去ととらえるとわかりやすいでしょう。これから行う研究内容をなかば比喩的に「現在」ととらえ,この現在を中心にしながら,過去について必要最小限の内容を語るのだ,と考えてください。

こう考えてみると,研究の「未来」について述べる必要があるのでは,という疑問が生じるかもしれません。学問的側面が期待される成果,個人的側面が研究成果の利用可能性と大まかに考えるとよいでしょう。研究の「意味」ととらえることもできます。これらについても,研究内容との関連で必要なかぎりにおいて記述するのが適切です。

以上を次のようにまとめておきましょう。

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。