インターネット大学院予備校「院試塾」
「院試塾ニューズレター」トップ
院試英語攻略法 研究計画書をどう書くか 大学院入試英語の実際 研究計画書のキーワード ニューズレター最新号

院試英語攻略法

大学院入試に向けて学習を進めていくうえで,英語をどう学んでいくかに悩んでいる人は多いと思います。このページでは,そんな皆さんに,この連載記事を通して英語学習のきっかけをつかんでいただければと思います。

なお,英文を読みこなすためのヒントや考え方については,院試塾サイトのコラムや「考える生活」の「英語力」もあわせてご覧ください。また,院試塾では大学院入試英語講座として「総合通信指導コース」「短期添削コース」「英語質疑応答ゼミ」等の講座を用意しております。

大学院入試英語の基礎知識

「大学院入試の英語は難しい」こんな印象を持っている方も多いと思います。しかし,大学入試の英語を突破した方であれば,院試英語を攻略するのはそう難しいことではありません。

大学入試と院試の英語に違いがあるとすれば,それは内容と語彙レベルの差です。院試英語の場合には試験が専攻別に行われることや大学での学習内容をふまえた出題がなされることもあって,文章の内容が大学入試に比べてより学問的なものになっています。それにともなって,要求される語彙のレベルも当然より難しいものになっているわけです。

このような英文を読みこなすには,一定の演習量を確保することが不可欠です。たとえば自然科学系の方なら,Scientific Americanなどの記事が題材としては適切です。あるいは,専門分野の概説書を英語で読むのもよいでしょう。

語彙の学習についても,これらの文章で未知の表現を根気強くチェックして覚えていくことが重要です。

まずは大学入試レベルから

院試英語攻略の最初のきっかけをつかむにはどうしたらよいのか,悩んでいらっしゃる方は多いと思います。現在の英語力(特に読解力)がどのようなレベルにあるかにもよりますが,英語からしばらく離れていた,という方は,やはり構文レベルから勉強し直すのが適当です。

具体的な方法としては,大学入試用の問題集をやり直すところから始める,というのが挙げられます。といっても,基礎的な構文からやり直すとなると効率も悪いし,知っていることばかりが出てくる,ということにもなりかねません。

一度は大学入試を突破して大学でも教養科目の英語を履修した皆さんなら,弱点となるのはいわゆる「特殊構文」が多いのではないでしょうか。倒置や省略,各種の強調など,基本的な文の形式が壊れているように見える構文のことです。そういった構文の読みこなし方をきちんとマスターすることが,院試英語攻略の第一歩である,と言ってよいでしょう。

英文和訳の日本語

大学院入試の英語で最も大きな割合を占めているのが,英文和訳です。大学入試の場合には,採点の都合などもあって選択肢問題もかなり出題されていますが,大学院入試においてはごく一部の例外を除いては記述形式になっています。

さて,このような英文和訳問題において大切なのが,答案が日本語としてきちんとしたものになっているかどうか,という点です。国公立大学の学部の入試にしても,業者模試の模範解答は実際の採点では8割程度,という話がありますが,大学院入試においてはより高レベルな答案が要求されることは言うまでもないでしょう。

このような高い要求に応えていくにはどうするか。まず,答案をきちんと書く練習をする,ということです。案外多くの人が,答案を書かずにただ英文を読むだけの勉強をしています。これでは,「わかったつもり」であってもいざ書こうとすると書けない,ということになりかねません。1つ1つの問題に真摯な態度で取り組み,答案を仕上げていく勉強を積み重ねる必要があります。

また,書いた答案の日本語を自分なりに再検討する必要もあります。問題の英文をいったん離れて,日本語として自分の書いたものを客観的に見直し,必要に応じて修正していける能力を身につけることは大切です。時には誰かに見てもらって(必ずしも英語のわかる人である必要はありません),「ここはどういう意味」と質問してもらうといいでしょう。それによって,より深く正確に英文を読む姿勢も養われてきます。

きちんとした日本語を書くためには,よい辞書と出会うことも有効です。中村・谷田貝編『英和翻訳表現辞典』(研究社)からはさまざまなヒントが得られるでしょうし,そこまで専門的なものでなくても,たとえば『プログレッシブ英和中辞典』の訳語には納得のいくものが多いです。

英作文の攻略法

一部の大学・研究科に限られますが,英作文(和文英訳)が出題されることがあります。日本文が与えられていて,それを英語に訳す形が多いです。

英作文については,あまり経験のない方が多いかもしれません。学部の入試でも経験しなかった,という人も多いのではないでしょうか。事実,大学入試での英作文の出題は減少しつつあります。

さて,英作文問題の対策ですが,まずは自分の使える構文をある程度まで増やしておく必要があります。これについては,大学入試英作文用の構文集を1冊こなしておくとよいでしょう。

構文を身につけたら,あとは問題を自分なりに解いていくことです。大学院入試用の問題集というのはないですが,大学入試用でかなりハイレベルなものが出版されているので,それを利用すればよいでしょう。

和文英訳の第一歩は,与えられた日本語をきちんと理解することです。問題文の適切な理解なしには,まともな英文を書くことはおぼつかないからです。和英辞典で探した訳語を文法に沿ってつないだだけでは,まともな英文を書くことはとうていできません。

最初のうちは,問題と解答を見比べたり,解答例を書き写した上で徹底して自分なりに解析するところから始めてもよいでしょう。自分の書いた答案がどの程度のものかを見極めることももちろん大切ですが,「よい」とされる英文を徹底してまねることも重要です。「英作文は英借文」とよく言われますが,まさにその通りですから。

辞書とのつきあい方

大学院入試の英語,特に英文読解の問題とつきあっていくうえでなくてはならないのが辞書です。しかし実際には,英語の辞書なんて高校時代に使っていたのをそのまま使っている,という人も多いのではないでしょうか。

この記事でも何度か書きましたが,大学入試英語と大学院入試英語の決定的な違いは語彙にあります。もちろん大学院入試の英語には専門用語が多く含まれている,というのもありますが,それだけではありません。「知的な英文で頻出する語句と意味」というのがあるのです。そういう語句・意味が多く載っている辞書を手元に置き,常に参照することが,院試英語突破の1つの鍵になる,といっても過言ではないでしょう。

さて,どんな辞書がよいかということになりますが,ぼくが一番に推薦するのは小学館の『プログレッシブ英和中辞典』です。学習用の英和辞典としては少々大きすぎる感もありますが,知的な英文を読みこなすのには十分な数の語句が掲載されており,しかも知的な文章で多く使われる意味・訳語が多いのが特徴です。

また,研究社の『リーダーズ英和辞典』もオススメです。例文を省いて収録語数を増やし,訳語も充実しています。こちらはパソコン用のCD-ROM版,電子ブック版もあり,補遺の『リーダーズ・プラス』と1つになった『リーダーズ+プラス』もCD-ROM,電子ブックともに発売されています。内容を若干少なくした『リーダーズ英和中辞典』もあります。

場合によっては英英辞典も必要でしょう。英英辞典を引くと,日本語の訳語からではわかりにくい意味や,言葉に込められているニュアンスがはっきりとわかることも多く,英文を読んできちんと納得するには,ぜひ備えておきたいものです。ぼくがいつも参照しているのは日本では桐原書店が発売している『コウビルド英英辞典』と丸善が発売している『ロングマン現代英英辞典』です。日本でメジャーな英英辞典もこの2冊と考えてよいでしょう。

英文読解の迷信

何度か書いていますが,大学院入試英語で最も多い出題形式が英文和訳です。この英文和訳,やってみると案外難しいということがわかっていただけるのではないかと思いますが,「どうせ英文和訳でしょ?」的なとらえ方をしている人がまだまだ多いのが現状です。

まず注意しなければならないのは,「日本語に訳せ」と要求されている点です。いろいろと寄せられる答案を拝見していて常々感じることなのですが,この指示の意味がよくわかっていないと思われる答案があまりにも多いのです。さすがに最近はだんだん出題側も嫌になってきたのか,「分かりやすい日本語に訳せ」「意味を日本語で言い表せ」といった指示文を使うようになっている大学もあります。

さて,「日本語に訳せ」と言われたときにはどうすべきか。当然ながら,日本語としてきちんと意味の通る訳文を組み立てる必要があります。単に日本語の言葉が使ってある,というだけではダメです。

まずは「英語を日本語に訳したから少々ぎこちなくなるのは当たり前」という発想を捨てましょう。これは言ってみれば最初から努力することを放棄しているのと同じことです。また,「正確なのは直訳で意訳というのはいい加減なものだ」という考えも間違っています。本当に英文の意味がきちんと理解できているなら,それをまともな日本語で言い表すことは決して難しくないはずです。もしあなたが今までにそういう教育を受けてきたとしたら,残念ですが教師に恵まれなかったというほかありません。

ついでに言うと,「いちいち日本語に訳さなくても理解できるのが正しい英語のわかり方」というのもうなずきかねます。そんな表面的な理解ではきちんと英文を読みこなすことなどとうてい望めません。筆者が本当に言いたいことをきちんと理解することが目的であるならば,自分で納得しながらきちんとした日本語に訳せるくらいの理解は必要なのです。

英語学習に関する迷信はいろいろあります。そんな迷信に惑わされずに,本当に研究で必要な英文読解能力を身につけることこそ,院試英語攻略の最短ルートだと信じてがんばっていただきたいものです。

語彙力増強法

皆さんもすでに日々の学習で感じていると思いますが,大学院入試英語突破にはかなりの語彙力が必要となります。語彙力増強の方法はいろいろありますが,大学入試のように単語集を使って語句を覚えるというのは決して良い方法ではありません。

大学院入試英語で要求される語彙の内容には,いくつかの種類があります。1つは,知的な内容を語るときに必要な語句です。どのような分野の内容であれ,知的な英文で頻出する,ないしは,知らないと文章の意味が理解できない語句というのがあるのです。大学院入試の英語を突破するには,まずこのような語句をしっかりと身につけることが大切です。

続いて必要なのが,各分野で必要な語彙です。通常,大学院入試の英文読解問題では研究科の研究内容に関連のある文章が出題されます。また,和文英訳においても,一定の専門的内容を含む文の英訳が要求されることが多いのです。したがって,それぞれの分野において必要な語句を身につけておくことも大切です。

この両方の語句を効率よく身につける方法として今回おすすめしたいのが,自分の専門分野の入門書や「古典」を読む,という方法です。こういった文章には,上で述べた2種類の語彙がバランスよく含まれているはずです。このような文章を読み,未知の語句を拾いながら読解を進めていけば,語彙力増強と読解の演習が一度にできるわけです。

その時の参考資料の1つとして,文部省の『学術用語集』があります。各分野ごとに刊行されており,日本語と英語の術語が載っているものです。通常の英和辞典と並行して使うことによって,各分野の語彙の体系がつかめるでしょう。

また,英語で刊行されている用語辞典を使うのも1つの手です。必ずしもすべての分野について入手できるとは限りませんが,専門分野の内容を英語でとらえるよい訓練になるはずです。

語彙力増強は日々の努力が肝心です。できることなら,1度覚えた語句を忘れてしまわないうちに,もう1度その語句に出会えるような学習方法を採るのが理想であると言えます。毎日1ページでもかまわないので,とにかく読み続けていくことです。

下線部説明問題の考え方

大学院入試の英文読解問題にはいくつかのパターンがありますが,もっとも多いのが英文和訳問題,次に多いのが下線部についての説明を求める問題です。この「下線部説明問題」に対する対策についてお話ししましょう。

下線部を的確に説明するにはどうすればよいでしょうか。すぐに言い換えの部分を探そうとする人も多いようですが,いちばん大切なことは,下線部を正確に理解することです。まずは下線部を訳してみましょう。その結果から,説明すべき部分,ふくらませていく部分を見つけてください。たとえば,「これ」などの指示語があった場合には,指示対象を探します。あるいは,前後の内容と関連するような言い回しが出てきたときには,関連する部分を探していきます。

関連部分が見つかったら,元の下線部のなかの表現と置き換えるか,これと関連づけてふくらませていきます。

簡単な例で見ることにしましょう。たとえば,説明すべき部分がthis ideaであった場合に,訳すと「この考え」となりますね。「この」にあたる部分はこれよりも前にあることが多いでしょうから,前からthisに相当する部分を探し,「この」と置き換えればよいわけです。大切なことは,答えが「〜という考え」という形になることです。this idea の説明なのだから当たり前のことなのですが,問題を解くことだけに夢中になっていると案外この点を忘れてしまいがちなものです。

忘れた英語を取り戻すには?

大学院を受験しようとは考えているが,英語からは教養教育以来離れているし…,と悩んでいる人はけっこう多いようです。大学入試の時には皆さんずいぶん英語を勉強したはずですが,やはり語学は使っていないとどんどん忘れていきますよね。今回は,忘れてしまった英語を取り戻す方法を紹介しましょう。

大学院入試の英語は,基本的には「学問の英語」です。英語の本や論文を読んで理解し,学問研究にきちんと活用できるかどうかを判定しているわけです。したがって,英語の勘を取り戻すためにも,学問的な英語の文章を少しずつでも読んでいくのが一番近道だと言えます。

たとえば1つの方法としては,それぞれの学問分野の入門書を英語で読むというのがあります。何も分厚い本格的な入門書を読む必要はありません。それぞれの学問を一般読者向けに解説したものなどでもよいでしょう。PELICANというシリーズがあり,一般読者向け(といっても内容はけっこう本格的なものです)のものが多数収録されています。

自然科学を専門とする皆さんは,PENGUINから出ているAsimov's New Guide to Scienceを読むのもよいでしょう。自然科学の各分野を一般読者向けに紹介した本なのですが,の英語は易しすぎず難しすぎず,大学院入試の英語学習にも最適です。800ページ以上ある本ですから,すべて読むとなるとかなり骨が折れますが,興味ある分野だけを拾い読みしてもよいでしょう。

また,東京大学が教養英語用に作成したテキストThe Universe of English/The Universe of English IIもよいでしょう。さまざまな分野の文章を集めたテキストで,語注が充実しているので無理なく読み進めていけるでしょう。教養英語を思い出すのにはぴったりですね。

文脈を読みとるために

英文を読むとき,どんなことに注意しているでしょうか。構文や語句ももちろん大切ですが,実は「文脈」も同じくらい大切な要素なのです。

とはいえ,文脈なんてつかみどころがなくて…,と思っている方は多いのではないでしょうか。たしかに,構文などに比べて明示的なしるしが少ない,というのはありますが,それでも「つかみどころ」はきちんとあるのです。たとえば,文法的な接続詞を含めた「つなぎことば」は,文脈を読みとるうえでの大きなヒントになります。

また,類義語・反意語も重要なマーカーです。英語では同じことばの繰り返しを嫌いますから,同じことを言うのにもどんどん表現を変えていきます。このような「同意表現」の移り変わりに目を向けるのも,文脈をつかむうえではきわめて大切です。反意語は対比・対立に着目するうえで重要ですね。

さらに,通常同じ表現の繰り返しを嫌うはずの英語が,「あえて」同じ表現を繰り返していることがあります。これもやはり重要なマーカーです。

あと,長い文を読む場合には,たとえマーカーがない場合でも,文と文との意味関係に注意しながら読むようにすると,読み進めていくうちに論旨が「空中分解」してしまう,というようなことが防げます。基本的には「言い換え」「具体化」「対比」「因果関係」の4つに注意するとよいでしょう。前の文と関連づけるように読んでいくと,自然に文脈が見えてくるものです。

文脈がわからないと,和訳もうまくできません。単に「おおざっぱな論旨の理解」だけではなく,いわゆる「精読」のレベルにおいても文脈は重要なものです。

基礎力の強化

「基礎力の強化」についてお話ししましょう。というのも,院試塾に寄せられる学習相談で特に多いのが,「語学が苦手でどこから手をつけたらよいのかわからない」というものだからです。

まず,基本的な文法力が身についているかどうかです。大学院入試では,大学入試とは違って英文法の独立出題はありませんが,勉強を続けていくために英文法の基本的な理解は必要不可欠なものだからです。

大学入試用にいろいろな英文法の本が出版されていますが,その大半は英文法の問題を解くためのもので,読解のための基礎力を養成するという目的にはそぐわないものが多いのです。若干値段は高くなりますが,導入としてはたとえば岩垣守彦著『英語の言語感覚 ルイちゃんの英文法』玉川大学出版会がよいでしょう。

この本では,英語の基本的な文法事項を,その背景にある発想を含めてわかりやすく解説しており,読解のための基礎文法の習得にもぴったりです。

この本の内容を身につけたら,その力を具体的な読解行動に結びつけていくことが必要になります。この段階で用いるのは,大学入試用の基礎英文読解問題集でよいでしょう。選び方のポイントとしては,構文別に章立てがしてあるもの,ということになります。最近では長文読解用の問題集が主流になりつつありますが,長文読解はもう少し後のことになりますね。というのも,ここでも何度かふれているように,大学院入試英語では若干専門性を帯びた英文の和訳が中心で,現在の大学入試で主流となっているような記号選択方式の問題はほとんど出題されていないからです。

意訳について

和訳の勉強法について,多くの質問が寄せられています。特に「どの程度意訳すればよいのか,また,どの程度意訳が許されるのか」というものが多いですね。一般には「意訳=いい加減,逃げ」という考えを持っている人もかなりいるようですが,本当に意訳をしようと思えば,英文の内容をかなりきちんと理解している必要があります。むしろ直訳の方が場合によっては「逃げ」となることもあるわけです。

皆さんの答案を拝見していると,どちらかと言えば「保守的」というか,どうしても意訳に踏み込めずにいるように感じられます。そういう人に英文読解や和訳の力がないかというとそうではなく,単に「そこまでやってよいのだろうか」という迷いがあるだけ,という人も多く見受けられます。

そういう人には,指導の際に「思い切ってやってください」と付け加えていますが,それを何度か積み重ねると,こちらが指導していても「ハッ」とするような,すばらしい訳文を作れるようになる場合も多いのです。

どこまで意訳が許されるか,という問いに客観的・普遍的な答えを出すことは難しいでしょう。しかし,わかりやすく仕上げることは決して悪いことではないはずです。もちろん「和訳」と「説明」は違いますから,必要以上に語句を付け加えることは慎むべきですが。

自分の訳文をチェックする1つの方法として,漢語がどれだけ出てきているかを見てみるとよいでしょう。もちろん,学術用語は漢語のものが多いのでそれはしかたないとしても,自分が日本語で書く論文やレポートよりも漢語の割合が多いとすれば,英文を訳したから出てきたものがけっこうあるはずです。

しかし,何と言っても一番の基準になるのは「自分で読んでわかるかどうか」です。自分が読んでわからないものは他人にわかるはずはありませんね。元の英文とつきあわせて読まないとわからないような日本語が,まともなものではないでしょう。「これはつまりどういうことですか」という質問をしなければならないようでも困ります。

いい訳文を作るには結局訓練の積み重ねしかないわけですが,なかなか実践の場は多くないかもしれません。周囲のきちんとわかっている人にきくなり,予備校に通うなり,通信添削講座を利用するなりして,「思いっきりのよい訳文を作る」練習を積み重ねてください。

知的な英文と向き合う

大学院入試の英語問題には,専門分野の内容と関連した内容の英文だけでなく,思想的に深い奥行きを持つ英文や,「理論とは何か」といった,学問の基礎に関わる英文が出題されることがあります。このような,専門分野との関連が希薄な英文に対する対策は,案外きちんと行われていないのではないでしょうか。

まずは,志望大学院・研究科の過去問題を入手してみましょう。そして,上で述べたようなタイプの英文が出題されていないかどうか,きちんと検討してみる必要があります。そしてもし,ここで問題にしているタイプの英文が出題されているならば,きちんとした対策をしておく必要があります。

このような英文の対策でやっかいなのは,内容についての知識から意味・内容を類推することが難しい点です。しかし,専門分野との関連が深い文章ならば読みやすいのはなぜかと言えば,そのような文章を読み慣れているからですよね。ここで問題にしているような文章も,ある程度読み慣れてくれば意味・内容が類推できる点はそう大きく変わるものではありません。

このような英文に対する「慣れ」を養う1つの方法として,まず自分の専門分野の書物で,思想的色彩の濃いものの,特に最初の部分をじっくり読むことをお勧めします。具体的な研究のために読むときには,むしろこのような部分は飛ばしていることが多いものですが,英語の学習のためには最初の理論背景の部分をきっちり読み込んでいくとよいのです(本当に奥行きのある研究をするには,実はこうした理論背景をきちんとつかんでおくことが大切なんですけどね)。

再び文脈について

英文和訳の答案を実際に添削していて気づくことの1つに,文脈意識の欠如が挙げられます。英文を訳すとなると語彙と構文に目がいきがちですが,実は文脈をきちんとおさえられれば大きな武器になることは間違いないのです。

と言っても,ただ文脈に注意しようと思っても空回りするばかり,という経験を持っている人も多いと思います。今回は,文脈に着目した読み方を自分なりに行う方法をいくつか紹介しましょう。

まず,前の文・段落との関係を考える,ということです。英文の論理展開には大きく分けて以下のようなものがあります:

この他にも展開の形はいくつかありますが,大きなものとしてこの4つを常に意識し,文と文の関係,段落と段落の関係を意識的に確認するようにするとよいでしょう。

なお,これらの関係は接続語で明示的に示されることもあれば,接続語なしで暗黙のうちに示されるものもあります。特に後者のような場合に,しっかりと関係をおさえるように注意すればよいでしょう。

また,代名詞を含めた指示語の指示対象にきちんと注目する,というのも良い方法です。というのも,文の流れがきちんとおさえられていなければ指示語の指示対象を確定することはできない場合が多いのです。逆に,指示対象がきちんとわかれば,それは文脈がある程度わかっていることになると言えるでしょう。

文脈がわかれば,大幅な誤解がある程度防げます。たとえば和訳を作成した場合に,「ここでこんなことを言うだろうか」という観点から批判的に検討すれば,大きく間違えることは減ってくるでしょう。また,細部がわからない場合にも,文脈から得た情報で埋められることがあります。

文脈に注意し,全体と部分の整合性に気をつけながら英文が読めるようになれば大したものです。皆さんもこのような読み方ができるよう,日々精進してください。

研究のための英語力

皆さんから寄せられる学習相談を拝見していて,「何か違うな」と感じることが,率直に言ってたまにあります。その違和感の原因を突き詰めてみたとき,思い当たるのは「この人は大学院に行って研究するということがわかっているのだろうか」という疑問なのです。

大学院入試でほとんどの場合に英語が必修になっている理由を考えてみてください。研究を進めていくうえで英語の文献を読まなければならないから,また,場合によっては,英語で論文を書かなければならないから,ではないでしょうか。

大学入試でも英語が必修になっており,本来は大学院入試で英語を課しているのと理由は同じはずですが,こちらはだいぶ本来の目的がかすんでしまっているのが現状です。しかし,大学院では英語で書かれた文献を読むことは研究の必須条件となります。

学部時代にはあまり英語の文献を読まなくても研究ができたかもしれません。学部の場合には「研究」と言ってもむしろ「勉強」の比重が高く,指示された文献(しかも多くの場合には本になっているもの)を読んでいれば何とか済んできた,という人も多いのではないでしょうか。

しかし,大学院となるとそうはいきません。研究を進めるために読まなければならない文献が英語で書かれていたら,そしてもし翻訳されていなかったら,だからといってその文献を読まずに済ませることができるでしょうか。

つまり,もし十分な英語読解力を身につけないで大学院に入学してしまうと,語学力が足りないことがそのまま研究上の障害になってしまうわけです。こう考えたとき,少なくとも文献を読むのに必要な外国語力を身につけることは,試験の有無にかかわらず本来は必要なことなのです。

大学院入試に向けて英語を学んでいくことは,英語が苦手な人にはつらい部分もあると思います。しかし,研究に必要なスキルを身につけていると考えれば,そのつらさはかなり軽減されるのではないでしょうか。

「訳語」と「意味」

辞書の訳語は,その単語の意味をつかむための「ヒント」にすぎません。たいてい1つの語の意味(辞書で番号がふってある項目です)には複数の訳語が並んでいますが,それらを組み合わせて意味を読みとるのは,辞書を使う側で行うべき作業なのです。またこの際,必ず例文とその訳も検討する必要があります。

この作業を行わずに辞書の訳語をただ当てはめても,まともな訳文にはなりません。このこと自体はすでに,多くの皆さんが経験済みのことだと思います。であるにもかかわらず,辞書の訳語に対するこだわりにはかなり根深いものがありますね。

逆説的な言いかたになりますが,辞書を使いこなすためには,一度辞書から離れてみるのもよいでしょう。辞書を使わずに読むことで,文脈から語の意味にある程度のあたりをつけます。そうやってから辞書を引くと,ただ訳語だけに目がいくのではなく,自分の考えになるべく近い日本語を探そうとするはずです。この作業が,辞書を使いこなせるようになるためには必要不可欠なのです。

また,英英辞典を併用するのも1つの方法です。英英辞典では,語の意味が説明的な英語で書いてあるため,訳語の背景にある発想を学ぶことができます。こうした発想に敏感になることで,訳語の選択もよりうまくできるようになるわけです。

さらに,辞書に訳語が載っていないからといって,そう訳してはいけないということにはなりません。辞書の訳語も最初は誰かが考えたものです。そんな「誰か」に自分がなっていけないわけはないですよね。

「辞書の訳語だから大丈夫」という発想は,はっきり言ってしまえば一種の「逃げ」であり「思考停止」です。考えることを実践しようとする大学院受験生の皆さんには,こういう思考停止に陥ってほしくないものです。

速読か精読か

英文読解ではよく「速読か精読か」といった問題設定がなされることがありますが,学問的な文章を読むというのは,このような単純なことではありません。

たとえば,研究の基礎をなす理論の原典を英語で読む場合を考えてみましょう。この場合に「概略がわかればよい」と速読だけをして済ませることができるでしょうか。最初に読むときはそれでもよいかもしれません。しかし,いずれは細部までしっかりと理解できなければ,その理論を元にして研究をすることなどとうていおぼつかないでしょう。

しかし一方で「精読」という言葉に誤ったイメージがあることも事実です。「精読」がひたすら文法的に解釈をし,辞書の訳語を金科玉条のごとくに当てはめて読むことだと思っているのならば,それは誤りです。そんな硬直した考え方で,英文の意味するところをくみ取ることなど不可能です。

「精読」とは,決して1文にだけ注目した読み方ではありません。言葉の意味や指示語の内容などをしっかりとかみしめながら読み進めることです。この際に大切なのは,常に「つまりどういうことか」を自分自身に問いかけながら読み進めることです。

「速読」と称してこれらのことを無視して先を急ごうとしても,結局は何もわからずに終わってしまうだけです。研究のために文献を読むのは,○×式の設問に答えることとは全く性質の異なることです。

しかし,そもそも「速読」とは「いい加減に読むこと」ではないはずです。今自分が必要としている情報を,大量の英文の中から的確に探し出すのが,本当の意味での「速読」です。これは研究においてやはり必要な能力です。たとえば,たくさんある文献の中から,優先して読むべきものを選び出すような場合には,細部にこだわることなく,自分が研究している主題と関係があるかどうか,どの程度の関係があるのか,など,「全体として何を言っているか」を短時間で理解しなければなりません。

しかしこの場合でも,「断片をつなげればよい」というのではまったくありません。というのも,本当は優先して読むべきなのに,「あとでいいや」と誤って判断したら,場合によっては研究の成否を大きく左右する可能性もあるわけです。

この両方の読み方を,必要に応じて適切に使い分けられることが,研究の過程で英文を読む場合に重要になってきます。そして,本当に研究者としての資質を測るために試験を行っているならば,このような能力を測る試験が行われるはずです。大学院での研究を成功させたいと考えるなら,ここで紹介した「本当の英文読解力」を身につけるようがんばってください。

研究のための英語力—実践編

研究に必要な文献を英語で読みこなすことを,院試英語の先の目標として据えるべきだということは,すでに何度かふれています。今回はそのための一歩を踏み出すためのアドバイスをしたいと思います。

英文を読むのが研究生活の一部となるまでにはそれなりの訓練が必要ですが,まずは何か1冊読んでみるのがよいのではないでしょうか。一冊の本を読み通したという自信は,いい方向に作用していくでしょう。

自分自身の経験を語ると,理論言語学を志していた大学1年の頃,当時もっともよいとされていた入門書を1冊読みました。きちんと理解するには夏休み一杯かかりました。英和辞典,英英辞典と,専門の辞典を参照しながら読み進めたのです。

この経験は,自分にとって大変大きなものとなりました。初めて英語で1冊の本を読み通したのだという自信ももちろん得ることができたし,学問的な英語の読みかた・書きかたや,英語での参考文献の挙げかた,さらには,日本語の入門書からではあまり得ることのできない,研究の進めかたや議論の立てかたについても学ぶことができました。英語の専門用語についても,1冊読み通したことでずいぶん身についたと思っています。

最初に読むものを選ぶのはそれなりに大変なことですが,教科書・入門書,あるいは啓蒙書を選ぶとよいでしょう。自分で選ぶのは難しい,という人は,指導教官などに推薦してもらってもよいのではないでしょうか。

最後に大切なことを1つ。最初の1冊として読もうと思った本は,ぜひ自分で買ってください。図書館で借りたものは返却期日にも追われなければいけません。それに,単純なことではありますが,自分でお金を出して買ったとなるとそれだけ「読まなければもったいない」という気持ちにもなるでしょう。

「形」としての文脈

よく「文脈をつかむ」と言いますが,具体的にはいったいどのようにすればよいのでしょうか。

まず確認しておきたいのは,文脈というのは何となくにじみ出てくるものではありません。もちろん,そのような形で文脈をとらえる能力を身につけている人もいますが,同じ文を読んだ人の大半が同じ文脈内容をつかみ取っている以上,そこには何か形式的なものがあるはずです。

この「形式的なしるし」で注意すべきものとして,派生語の関係があります。単語を覚える際の知識として,派生語の関係に注目している人は多いと思いますが,実は文脈をつかむためにも利用できます。たとえば,succeed—success—successfulといったつながりが文脈を作るわけです。このつながりに注目していくことで,文内容がどのように展開しているかをつかめることも多いのです。

また,同意表現の展開にも注意しましょう。英語では同じ語句の繰り返しを嫌うので,同じことを表すのにも違う表現で置き換えながら話を進めていきます。このような場合に,表現間の細かい差異ばかりに目がいってしまいがちですが,むしろ「これとこれは結局同じことだな」と理解することのほうがずっと大切であることも多いものです。

さらに注意しなければならないのが「対比」です。対比は反意語や肯定・否定によって表現されますが,その際に上で述べた派生語関係などが軸となる場合も多いのです。また,「あえて」同じ表現を反復し,対比される部分だけを変えるといった表現技法が用いられることもあります。

英文の「形」というと,とかく構文などに気を取られがちですが,文脈を構成する形式的な要素に注目することによって,英文をより深く理解することができるようになります。

語の意味をよく考える

英語の大きな特徴として,「専門的内容も日常語で語られる場合が多い」点が挙げられます。

日本語の場合,専門的な内容を語るには専用の言葉が用意され,その用法は日常語とはかなり厳密に区別されていますが,英語の場合には日常語がそのまま使われる場合も多く見られます。

この違いが読解上の問題となることがあります。専門的な内容の英文を読む場合に,ある言葉が専門的意味で用いられているのか日常的意味で用いられているのかを区別する必要が生じてくるからです。

一方で,語句の基本的・根元的意味をつかんでおくことも大切です。なぜなら,日常語としての意味も専門用語としての意味も,どちらもこの基本的意味から生じているからです。

このようなトレーニングをするための方法として,英英辞典を活用することをおすすめします。日本語に訳してしまうとかなり意味が違うように思える語句であっても,実は根っこの部分で1つにつながっている,ということを理解するには,英英辞典の説明的な定義が大きな助けになります。

英英辞典は英語の専門家のためのもの,という意識がまだまだ強いのですが,けっしてそんなことはありません。専門的な意味についても,基本的なものについてはかなり説明が充実してきています。また「どうせ訳すんだから英和辞典の詳しいのがあれば十分」と考える人もいるでしょうが,そのまま英和辞典だけを引くのと,英英辞典で意味を理解してから英和辞典を引くのとでは,理解の深さが変わってきます。

また,日本語の言葉にそのまま訳してしまうと,一種の「思考停止」が生じてしまいます。つまり,「訳したからそれで安心」と思ってしまうわけです。しかし,symbolという言葉を「象徴」ないしは「シンボル」と訳しても,これらの訳語の意味がわからなければ,文章としてまとまったものを理解することはおぼつかないでしょう。こうした意味でも,英英辞典を活用することで,より深い理解に到達することができるようになるのです。

英文の構造を理解する

長く構造も複雑な文を理解したり訳したりする場合,そのまま処理しようとして失敗してしまっている答案をけっこう目にすることがあります。このような場合には,英文構造の「幹」と「枝葉」をしっかり区別して理解していく必要があります。

高校の頃に学習した「5文型」というのを覚えているでしょうか。「今さら5文型か」とバカにして考える人もいるかもしれません。たしかに5文型には問題点も多いのですが,英文の中心構造をきちんと把握するうえではなかなか有益なものです。

5文型の考え方で中心となるのが「文の要素」と「修飾語」を区別することです。「文の要素」は英文構造の「幹」,「修飾語」は「枝葉」にだいたい対応すると考えてよいでしょう。

わかりにくい,訳しにくい文に出会ったら,まずはS,V,O,Cという文の要素を確認します。この際に重要なのは,動詞がどのような文型をとるか,をしっかりと確認することです。学習用英和辞典にはたいてい動詞の文型表示がなされているので,意味に応じて文型のあたりをつけておくとよいでしょう。

S,V,O,Cがきちんと確認できたら,まずはそれだけで(修飾語を外して)言いたいことをつかんでみましょう。それで意味が理解できたら,修飾語を1つずつ加えて意味をつかんでいきます。一度に全部の修飾語を組み入れるとわかりにくくなってしまうことも多いので,1つずつ加えていくアプローチは重要な意味を持ちます。

英文が「わかる」とは

英文が「わかる」とはどういうことでしょうか。このコラムでも何回かとりあげていますが,語句の辞書的な意味と構文がわかっただけでは,その英文が「わかった」とは言えません。

そもそも英文を読むのは,内容を理解したいからであるはずです。したがって,内容が正しく理解できなければ「わかった」とは言えないのではないでしょうか。

内容が理解できているかどうかを確かめるいちばんよい方法は,自分で要約してみることです。要約ができるためには,一文一文の意味はもちろんのこと,文相互の関係や重要度がわかっていなければなりません。これらは必ずしも形式として明示されるわけではなく,時には文脈から判断しなければならないことも多いのです。

また,訳してみておかしな日本語になるところは,理解できていないと言ってよいでしょう。たとえば単語の訳一つをとってみても,辞書に書いてある漢語の訳語で間に合わせているところは,往々にしてわかっていないものです。

何度も書いていますが,大学院入試の英語は大学院での研究に必要な英語力が身についているかを見るものです。「試験の英語だから」といった逃げに走ることなく,きちんとした実力をつけたいものですね。

Presented by:
インターネット大学院予備校「院試塾」
Web Site: http://inshijuku.life.coocan.jp
E-mail: hatanaka@daigakuin.jp