インターネット大学院予備校「院試塾」
「院試塾ニューズレター」トップ
院試英語攻略法 研究計画書をどう書くか 大学院入試英語の実際 研究計画書のキーワード ニューズレター最新号

研究計画書のキーワード

研究計画書をきちんと書くためにはまず,そもそも研究計画書とはどのようなものかを正確に理解しておく必要があります。院試塾ニューズレターでは,研究計画書とは何かを理解するための「キーワード」をとりあげ,解説を加える連載を行っています。

院試塾では「研究計画書作成指導」として,大学院進学時に提出が必要となる研究計画書の作成指導を行っています。また,この指導の結果合格した皆さんのコメントも掲載させていただいていますので,ぜひ参考にしてください。

研究

大学院は基本的に「研究」の場です。最近では高度職業人の養成なども教育目標として掲げる大学院が増えていますが,やはり主体となるのは「研究」です。

まずは「研究」の場で誰が主人公であるかを考える必要があります。もちろん,研究者(のタマゴ)である大学院生ですね。特に博士前期(修士)課程の場合,院生は一人前の研究者とは見なされませんが,それでも自分なりに研究を進めていく必要があります。この際,教官はあくまでその「指導」をするという立場であり,研究の主体はあくまで院生なのです。

私はよく「研究」と「勉強」をしっかり区別してください,ということを研究計画書指導で言うのですが,これは「能動的」と「受動的」の区別と言ってもよいでしょう。「研究」は院生自らが能動的に行い,必要に応じて教官の指導を仰ぐもの,「勉強」はどちらかと言えば人(この場合には大学院の教官)から教わるもの,というイメージでとらえるとよいでしょう。研究計画書の大前提として,内容が「研究」主体であることが求められるのが普通です。

また,「研究」についてもう1つ注意すべきであるのが,「何か新しいものを学問の世界に加える」という点です。研究と呼ぶ以上は,その内容が学問の世界に対して何らかの貢献をするものでなければならず,通常この「貢献」とは,新たな知見を付け加えるものだと解釈できます。

もちろん,特に博士前期(修士)課程の研究で,これまでにないまったく新しい知見,たとえばまったく新しい理論的枠組みを提示することは不可能でしょう。それでもやはり,何らかの「新しさ」は必要です。たとえば事例研究の場合には「研究手法」と「研究対象」の2つの関係が重要であるわけですが,この組み合わせが新しい(=今までにない)ことが少なくとも必要となるでしょう。

これから派生して問題となるのが,先行研究のリサーチです。自分がやろうとしていることが何らかの点で「新しい」ものであることを確かめるには,すでに他の人がやっていないことを確認しなければなりません。そのためには,当該分野の先行研究をリサーチすることが必要不可欠であるわけです。

つまり「研究」というキーワードから研究計画書を考える場合:

  1. 院生自身が主体的に進めるものだという認識に立脚しており,
  2. 何らかの新しい知見を付け加えようとする姿勢が感じられ,
  3. 先行研究のリサーチがきちんと行われている

ことが大切だと言えるでしょう。

計画

前回は「研究」というキーワードについてお話ししたので,今回は研究計画書のもう1つのキーワードである「計画」について考えることにしましょう。

言うまでもなく,研究計画書は「研究」の「計画」を述べるものですが,どの程度具体的に述べればよいかはけっこう悩むところではないでしょうか。かなり詳細な記述を求めるものとして,神戸大学経営学研究科の例を見てみましょう。この研究科の研究計画書は全体の字数もかなりのものですが,「研究実施計画」として20行分の記述を要求しています。「記述指示には上記研究課題の各項目を実施する為にどのような研究活動をどのような日程で進めてゆくか,具体的に述べる事」とあり,かなり具体的に書く必要があります。院試塾で指導を受けて実際に合格した方の計画書では,まずは調査が必要な項目を述べ,具体的な調査方法を各項目について述べた後,修士課程在学期間を5期程度に分け,それぞれの期間に行うべき調査・研究の内容を記述しています。この程度まで具体的な記述が必要だと考えてよいでしょう。

ここまで詳細な記述を求めるケースはそう多くはないにしても,「研究計画書」である以上,当該研究をどのように進めるかについて,一定の「計画」は示さなければなりません。研究計画書の記述にあたっては「何を」「どのように」研究するかを常に念頭に置かなければなりませんが,「計画」部分は「どのように」に主に関係すると言ってよいでしょう。少なくとも,当該研究を遂行するためにどのような文献を参考にし,どのような調査を行えばよいかについて,ある程度の見通しは立てておく必要があるわけです。

研究計画書で大学院が見きわめようとしているのは,実行可能性のある研究計画が立てられるかどうかです。また,そのために必要な一定の基礎能力や知識・理解が備わっているかどうかも検討の対象となっていると言えるでしょう。「これが研究したい」という研究テーマがある程度定まっていても,それを本当に「研究」と呼ぶにふさわしいものに高めるためには,実行可能な計画が伴っていなければなりません。作成・提出しなければならない書類が研究「計画」書である点を,常に考えながら書き進めてほしいものです。

先行研究

院試塾の「研究計画書作成指導」でよく問題になるのが,今回とりあげる「先行研究」です。このニューズレターでも何度か説明していますが,先行研究に言及しない論文というのはありえず,論文作成を最終目的とする大学院の研究の計画書においても,当然ながら先行研究に言及する必要があります。

と言っても,特に社会人入試の場合には,学部レベルでは異なる分野を専門にしていたので,「先行研究」などと言われても困る,という声もあります。しかし,何も先行研究というのはそう高度に専門的なものばかりであるとは限りません。たとえば,ある分野を研究しようと思い立つときに,何か本などを読んだのではないでしょうか。それは一般的解説書であったかもしれません。しかし,そこからさらに興味を持った文献を読み進めなかったでしょうか。それはすでに,少なくとも広い意味では「先行研究」と呼べるものです。もし一般解説書を読んだだけ,あるいはそれすら読まずにただ「おもしろそうだから」という理由だけでテーマを決め,研究計画書を書こうとしているのであれば,少し考え直した方がよいでしょう。

もちろん,テーマに関連して読んだものすべてが「先行研究」となるわけではありません。自分がとりあげようとしている題材と同様のものを扱っている研究,研究方法を参考にしようと考えている研究,自分がさらに精緻化しようとしている理論を提示している研究,反論を加えようとしている研究など,自分の研究に直接関係し,何らかの「視点」を与えてくれる研究が先行研究なのです。

大学学部レベルの卒業論文執筆で,指導教員の多くは「まずは先行研究のレビューから始めてみなさい」といった指示を出します。実際このように指示された経験のある人も多いでしょう。こうした指示がなされるのは,先行研究を読むことが「研究」の出発点となるからです。先行研究を読みながら,当該分野でどのようなことが問題となっており,それをどのような観点から研究しているのか,また,当該分野で妥当だとされる研究方法はどのようなものなのか,など,研究を進めていくうえで必要な知識・理解を与えてくれるのが先行研究なのです。

先行研究などほとんど読んでいない,という人は,まずは良質の概説書を読むことから始めてみましょう。良質な概説書は,単にわかりやすいだけでなく,とりあげている内容について興味を持った読者が次に読むべき図書・論文をリストとして示してくれます。特に親切なものは文献解題もついています。このような良質の概説書を読み,自分の興味がどこにあるのかを確かめながら,次に読むべきものを探っていくとよいでしょう。

ただ,一般の公立図書館などで入手できる文献ばかりがとりあげられているとは限りません。専門誌や論文集,あるいはかなり専門的な図書など,大学図書館でなければ入手しにくいものもあるでしょう。社会人など大学と直接関わりを持たない人でも,国立大学を中心に,研究目的に限って閲覧許可がとれる場合が多いので,利用してみるのがよいでしょう。貸出はできない場合がほとんどですが,必要な手続きをとれば館内に設置されているコピー機で文献を複写することができます。

先行研究に適切に言及することで,おおよそ同じ内容の研究計画書でもずっと深みが増し,研究の実行可能性を感じさせるものとなります。それに,すでに述べたとおり,先行研究を読んで内容を整理することは,研究の第一歩でもあります。

最後にもう一つ。必要な先行研究を探っていくうちに,ほぼ必ず翻訳されていない外国語の文献が入ってくるはずです。多くの分野では英語文献ということになると思います。このことからもわかるとおり,本格的な研究を進めていくうえで外国語の読解力は必要不可欠です。外国語の文献を読む必要が生じたら,あきらめるのではなく積極的に挑戦してみましょう。

研究方法

研究計画書においては,研究テーマの概要や先行研究についてはもちろんのこと,研究方法についても言及することが必要です。これについてどれだけ具体的に書けるかで,研究計画書の良し悪しが決まる,と言っても過言ではありません。

まず,自分が行おうとしている研究で何を明らかにしたいのかを,ある程度具体的に考える必要があります。多くの場合,研究計画書執筆の最初の段階では,漠然としたテーマ設定はできていても,そのテーマについて,具体的に何を明らかにしようとしているかまでは考えていない場合が多いのです。これでは単に「このテーマについて勉強します」ということしか言えません。残念ながら,このレベルにとどまっていては研究計画書としては認められないのです。

具体的に何を明らかにするかが明確になったら,次に考えるべきなのが,その際の方法です。まずは,自分の研究が理論構築ないしは理論の修正を中心とするのか,事例研究となるのかを見きわめましょう。実際には,特に修士課程レベルで1から理論を構築するのは難しいので,前者の場合には理論の修正ということになるでしょう。この場合,どのようにして理論の不備を指摘するのか,また,どのようにすれば理論の不備を突いたことになるのかを考えてみてください。そして,このために具体的に必要な作業を洗い出していくわけです。続いて代案を提示することになるわけですが,代案を構築するためにはどのような作業が必要かを考えなければなりません。さらには,代案と元の理論を比較する場合の基準や,代案が優れていることをどのような尺度で示すか,などについても考えるとよいでしょう。

事例研究の場合には,まず対象となる事例を決め,その事例のどのような側面を研究対象とするかを,何を明らかにしたいかとの関係で検討していく必要があります。この場合に注意しなければならないのは,純粋な事例研究というのはきわめて成立しにくい,ということです。単に事例を検討していくだけでは,ルポルタージュになっても研究とはなりにくいものです。それゆえ,事例研究を行う場合にも,類似の対象を扱った先行研究を参考にしながら,ある程度理論的に研究を進めていく必要があります。現実を虚心坦懐に観察するということではなく,理論という「視点」をふまえて研究方法を検討していく必要があるわけです。

また,2つ以上の対象を比較研究するという場合もあるでしょう。この場合には,単に「AとBを比較する」というだけにとどまらず,比較すべき側面を明確にし,比較の際の尺度・基準を,できるかぎり先行研究に求めていく必要があると言えるでしょう。

研究成果の利用

研究計画書の記述指示において,「研究成果の利用」について述べることが要求される場合があります。また,特に述べるよう指示がなくても,社会人の場合には修了後の進路希望と研究の関係について,ある程度述べておくことが重要でしょう。

この項目はあまり重視しない人も多いと思いますが,実はここの書き方から研究に対してどの程度具体的なイメージが持てているかがわかる場合も多く,おろそかにはできません。たとえば「この研究の成果を生かして○○の業務をさらに続けていきたい」などというのは,書かない方がまだましというものです。ほとんど何も言っていないのに等しいからです。

それではどのように書けばよいのか。とりあえず,3つの項目について考える必要があるのではないでしょうか。第1に研究によって自分がいちばん得られるものは何か,第2に自分は修了後にどのような道を選ぼうと思っているのか,そして第3に両者がどのように結びつくのかです。

もう少し詳しく見ていきましょう。まず第1の項目ですが,これは必ずしも研究の意義や目的と一致するわけではありません。というのも,研究の意義や目標というのはあくまで学問的見地から見た場合の話であるのに対して,ここで述べるべき「自分がいちばん得られるもの」は「自分」としての話だからです。もちろん,この2つがはっきり分かれる場合ばかりとは限りませんが,この2つが基本的には違うものであることは,きちんと意識しておく必要があります。

第2の項目はそう問題はないと思いますが,漠然と書くのではなく,特に研究と関係の深い点についてきちんと述べることが大切です。第3の点についてですが,ひとつの考え方として,この研究をした後の自分と,研究をする前の自分とで,同じことに取り組む場合でどう違うかをイメージしながら書くとよいでしょう。簡単に言うなら,この2つの自分の「差」が研究で得たものの活かし方であるからです。

研究者を目指すのであれば,これはもう「一生研究」ですから,この項目を書くのはそう苦労しないでしょうし,そう問題にもならないでしょう。しかし社会人の場合には,研究を通して何かを得,それをその後の職業生活などに活かすことが大切なのです。ただ「勉強したい」では通りません。この点を十分に認識し,しっかり考えながら書くようにしたいものです。

特別記事「研究計画書提出直前チェック」

自分で書いた研究計画書がきちんとしたものになっているのかどうか,不安に感じている方も多いと思います。そこで提出直前の研究計画書をチェックする際のポイントをお話しすることにしましょう。

研究テーマは明確に設定されているか

研究計画書で何よりも大切なのが,研究のテーマです。研究テーマの書き方自体は様式がいろいろありますが,どんな様式のものであっても,研究テーマを明示することは必要不可欠です。

研究題目として書くことが求められている場合には,単に「○○について」といったものは避け,研究対象と研究方法を組み合わせた「○○の××的研究」といった形にするのがよいでしょう。場合によっては副題を付け加えてもよいでしょう。

「研究概要」といった記述指示になっている場合も多いですね。このような場合には,テーマそのものを説明することを心がけてください。研究分野の概略などをだらだらと述べている計画書を見かけますが,そんなことは読み手(つまりは大学の教員)にはわかりきったことである場合が多く,不要です。自分が研究しようとしていることが何かを明確に述べましょう。

研究「計画」書になっているか

院試塾のサイトやニューズレターで何度もとりあげているポイントですが,残念ながらここがきちんとしていない計画書が多いのが現状です。

研究「計画」書である以上,研究の計画が中心を占めるべきで,研究の現状を延々と述べたものは研究計画書とは言えません。自分が設定したテーマをどのように料理していこうとしているのか,読み手に明確に伝わるよう,研究計画を具体的に述べるようにしましょう。

どの程度の具体性が必要なのかがよくわからない,という人もいると思いますが,少なくとも研究に用いる理論や分析手法は明示しておくべきでしょう。単なる学習計画に終わらないように注意しましょう。

先行研究をきちんと挙げているか

当該テーマの研究のための準備がどこまで進んでいるかを判断するうえでいちばんわかりやすいのが,どの程度の参考文献を読んでいるか,また,読んではいないにしても,少なくともその存在を認識しているかだと言えます。研究テーマの設定や研究計画の記述で,先行研究から得た知見が必ずあるはずです。それらについては,きちんと該当する研究を挙げておきましょう。

また,きちんと読んでいない文献については,研究計画の中で言及し,その文献がどのように自分の研究に関連すると考えられるかについて説明を加えておくとよいでしょう。

なお,文献の挙げ方には各学問分野ごとにルールがあります。その学界を代表する学会誌に掲載された論文などを検討し,その形式を正確にまねるようにしましょう。

参考文献等

下の文献を読むだけでも,だいぶ違ってくると思います。時間がなくてもぜひ読んで,少しでもよい計画書を仕上げてください。

志望動機

研究計画書の様式指定のなかに「本大学院を志望する動機」といったものが含まれている場合が多くあります。これまでの指導経験から判断するかぎり,案外うまく書けていないものが多いようです。何を書くべきかきちんと理解しておくことによって,より的確なアピールが可能になるでしょう。

まず「『本大学院を』志望する動機」となっていることに注意してください。単なる大学院進学の動機ではありません。受験しようとしている大学院を志望する動機を書かなければなりません。基本的には2段構えで考えるとよいでしょう。当該研究テーマを研究していくにあたって,自分なりに研究したり学部に編入学したりするのではなく,大学院という場で行わなければならない理由をきちんと述べる必要があります。前にも書きましたが,ただ「○○について勉強したい」というだけでは,大学やその他の教育機関などで勉強したり,自分なりに研究を進めていくこととの区別がつけられません。大学院で研究生活を送る選択をしたいと考える動機をまず明確にする必要があります。

そして今度は,他の大学院ではなく自分が志望している大学院でなければならない理由を述べます。いちばんわかりやすいのは開講科目や担当教員の研究分野と,自分の研究テーマとの適合性です。他の大学院では受けられない指導が受けられる,授業が聞けるといった点をまずアピールしましょう。

このためにはある程度のリサーチが必要です。まずは大学院の公式サイトを必ず見ておきましょう。開設授業科目,担当教員について一通りの記述があるはずです。また,大学院によってはシラバスが掲載されている場合もあり,これは重要な情報源となります。特に開講科目については,名前だけではなかなか内容が判断できないので,シラバスの記述を読んで内容を理解します。これをやっておかないと,「あなたが書いているこの授業は,あなたの期待しているような内容ではないと思いますよ」などと言われることにもなりかねません。

また,指導を希望する教員についても研究が必要です。まず,その教員がどの授業を担当しているのかをきちんと把握するとよいでしょう。担当教員から,授業の内容もある程度想像がつくでしょう。また,担当教員全員が指導教員として指名できるとは限りません。少なくとも書類上の指導教員として指名できる教員が限定されている場合も多いからです。この点についても募集要項や公式サイトで確認しておくとよいでしょう。

また,公式サイト以外にも研究室単位でWebサイトを作っていたり,教員自身がサイトを開設している場合も多いので,教員のフルネームで検索するなどしてみるとよいでしょう。

この内容がきちんと書けるためには,もちろんその大学院の教育内容などを熟知しておく必要もありますが,最終的には研究内容そのものがどの程度明確になっており,またその分野についてどの程度理解しているかも大切です。指導希望教員を探すためには自分の分野の文献をある程度読む必要があるし,指導を希望するまでにはさらにその教員の著作を読む必要があるでしょう。当然,ある程度は理解できる程度の全般的な知識・理解も必要です。比較的簡単に書けそうな項目ですが,結局は研究の適性を測られていることをしっかりと意識し,ゆるがせにすることなく取り組む必要がありますね。

研究題目

研究計画書の読み手の立場からすると,いちばん目を引くのが「研究題目」です。多くの様式では表紙や冒頭部分に書くようになっているので,目にとまりやすいと言えるでしょう。

多くの受験生が犯す過ちが,この研究題目を最初に決めてしまい,その後ほとんど再検討しないことです。研究題目は研究計画書全体のエッセンスなので,順序から言うと他の部分がすべて完成してから最後に確定すべきものです。と言っても,ある程度の「仮」題目は決めておいたほうがよいですが,あくまで「仮」にしておくべきでしょう。

研究題目は大きく2つの部分から成り立っていると言ってよいでしょう。1つは「研究対象」,もう1つは「研究方法」です。この2つは研究計画書の中核であるべきで,研究題目もこれをまとめたものが望ましいわけです。ごく簡単なひな形を示すとすれば「[研究対象]の[研究方法]的研究」となります。これを基本にして詰めていくのがよいでしょう。また,場合によっては副題をつけることも考えてよいですね。副題では,たとえば研究の具体的な視点を示します。ただし,題目に対して字数制限が設けられている場合もあるので注意が必要です。

また,題目が漠然としすぎていないかどうか,注意が必要です。どの程度の具体性があればよいのか迷う場合もあると思いますが,修士論文の題目集(公式サイトで公開されていたり,冊子として図書館に置いてあったりします)なども参考にしながら,簡潔にして具体的(難しいですが)な題目を考えるようにしたいですね。

研究概要

院試塾の研究計画書作成指導に寄せられる計画書で,問題点が多いのがこの「研究概要」の部分です。指示を素直に読めばそう間違えることはないはずなのですが,実際には指示とかなりずれたことを延々と述べる人が多いのが現状です。

「研究概要」とは,設定した研究テーマについて,どのような研究を行うのかを簡単に述べるものであるはずです。つまり,「研究」の「概要」を述べるものであるわけです。しかし多くの人が,自分が研究を行うにいたった経緯や,問題点の羅列に終始してしまうのです。問題点を挙げることはたしかに必要ですが,それはあくまで自分が行おうとしている研究との関連で挙げなければなりません。また,個人的な経緯についても,記述の中心となるものでないはずです。

それでは,どのように考えていけばよいのでしょうか。ごく簡単に言えば,短くまとめた研究題目(研究テーマ)を,一定の字数で説明する,ということになります。たとえば,題目に含まれる用語で複数の定義があったり学者によって理解が異なったりするもの,明確にする必要があるものについて簡単に定義したり,研究で用いる枠組みを簡潔に提示したりするのがよいでしょう。対象についての説明も必要な場合があります。つまり,「何を」「どのように」研究するかを,題目との関連でより具体的に提示していくことになるわけです。このうち,特に「どのように」については,研究計画部分でさらに具体的に述べていくことになります。

また,読み手のレベルを明確に設定することも大切です。研究計画書を読むのは,大学院で指導を担当する教員です。したがって,必要以上に詳しくならない(初心者を想定しているかのように)必要があります。だからといって,専門知識をすべて持っていると想定するのも問題です。複数の教員が研究計画書を読む場合,分野の異なる教員も読むことになる場合があるからです。これは研究概要の部分に限った話ではありませんが。

枠組み(フレームワーク)

本格的な研究を目指していると感じさせる計画書であるかどうかを分ける特徴のひとつが,「研究の枠組みに言及しているかどうか」です。大学院への進学を希望している人であれば,自分が何をやりたいかは少なくともある程度書くことができるでしょう。しかし,すでにこの連載でも解説しているとおり,それだけでは「研究計画書」にはなりません。大切なのは,学問分野の中でやりたいことを位置づけることです。

これが研究の「枠組み」です。まずは自分のやりたい研究がどのような学問分野に位置づけられるのかを考えましょう。もちろん,考えた結果として,既存の学問分野に位置づけることが難しいという結論に達するかもしれません。しかし,この結論にいたるためにはやはりこの思考作業が必要です。また,既存の学問分野に位置づけられないとしても,複数の学問分野を融合する形で研究を進めていくのが普通なので,こうした意味でも自分の研究の位置づけは大切な作業です。

基本的にはこれをどんどん掘り下げていくことになります。まずは「○○学」(たとえば言語学)に位置づけたとして,次はその下位分野,「××○○学」(たとえば社会言語学)ないしは「××論」(たとえば意味論)に位置づけていきます。この作業を進めていくなかで,当然ながら文献を読み進めていくことになります。最初は自分の扱いたいトピックに関する本を読むことになると思いますが,そこからそのトピックを含む学問分野の概説書,その下位分野の概説書と読み進めていくのがよいでしょう。

そして最終的には,そのトピックを対象とする先行研究にたどり着くことになります。一人の研究者にたどり着くこともあれば,同じ枠組みを共有する「流派」にたどり着くこともあるでしょう。いずれの場合にも,その研究者(たち)の研究の進め方が「枠組み(フレームワーク)」ということになります。研究を進める上での基本的な考え方,対象のとらえ方,理論的な立場のことだとかんがえればよいでしょう。これを明示することによって,計画書の説得力はずっと増し,本当に実行可能性のある研究だという印象を与えることができるのです。

Presented by:
インターネット大学院予備校「院試塾」
Web Site: http://inshijuku.life.coocan.jp
E-mail: hatanaka@daigakuin.jp