院試塾トップ心理学英語学習講座(一覧)心理英語スタートダッシュゼミ心理学英語基礎講座基礎徹底!心理英語受講相談

心理学英語入門講座—ライブ講義形式

講座概要

心理学の概説書レベルの英文が読めるようになるために,辞書と文法書を使いこなせる力をつける講座です。ライブ形式の解説講義を読みながら,指示に従って辞書・文法書を参照して学習を進めます。基本文法を活用しながら,自分で読めるようになるための辞書・文法書の活用能力を身につけることができます。

課題1回分の分量は概説書1段落分です。一通り学習を終えたら,答案を電子メールで提出し,添削指導を受けます。

ライブ解説例

例文:We actually spend quite a lot of time thinking about what other people are going to think, as the study of conformity shows.(第1回第1文)

まず,最初のWeに注意が必要です。このような代名詞の使い方を「総称」と呼びます。文法書 4.2.§88(1)(※指定文法書の参照箇所を示します。以下同様)を参照してください。続いて問題となるのがspendの用法です。ここではspend [O]a lot of time thinkingとなっているので,辞書(※指定英和辞典を表します。以下同様)で[SVO doing]という語法表示に注目しながら意味を確認します。この際,目的語が時間を表す語句である点もあわせて確認しておきましょう。what ...の節は間接疑問文です。文法書 5.2.§112(2)で間接疑問文について確認しましょう。この節ではbe going to Vが用いられています。未来を表す助動詞表現ですね。文法書 10.1.§185(1)を参照してください。複数の意味が挙がっていますが,この節がthink about ...に続いている点から意味を見きわめましょう。

続いて後半の節に移ります。まず,この節が[O]as [S]the study of conformity [V]showsという構造になっている点に注目しましょう。asが目的語になっているのがポイントで,目的語になることができるのは名詞・代名詞だけなので,ここからasの用法を見きわめます。辞書asを引きましょう。代名詞のところを見るわけです。いくつか意味がありますが,用法記述を十分検討しながら意味を確認してください。また,文法書 18.1.§309[1](2)の内容もここであわせて学習しておきましょう。conformityは専門用語です。これは心理学辞典などで調べたほうがよいですね。ところで,この節は無生物主語構文になっています。無生物主語構文は日本語と英語の発想が大きく異なる点の1つで,そのまま訳すと不自然になってしまいます。無生物主語構文の類型については,文法書 24.2.§395(1)に,用いられる動詞の意味による分類があるので,そこでshowを用いた場合の意味を確認しましょう。

※この解説が難しいと感じられる方には,英文読解スーパーベーシックゼミからの受講をお薦めします。

講座内容と受講料

指定図書

本講座の受講にあたっては,以下の指定図書を準備していただきます。なお,購入等は各自で行っていただくことになります。また,これらの図書の購入代金等は,受講料には含まれておりませんのでご注意ください。

種別必須書名出版社
指定英和辞典Yes『ジーニアス英和辞典』大修館書店
指定英文法書Yes『徹底例解ロイヤル英文法』改訂新版旺文社
心理学辞典No『心理学辞典』有斐閣

受講申込について(※必ずお読みください)

以下のフォームに必要事項を記入し,「送信」ボタンを押してください。申込受付後,こちらから確認のメールをお送りします。受講料お支払いのご案内も確認メールにありますので,指示に従って1週間以内にお支払いください。

※申込後にキャンセルされる場合,必ず電子メールにてご連絡ください。無断キャンセルをされますと,院試塾ならびに関連サイトのコンテンツをご利用いただけなくなります。

受講申込フォーム

受講料:30,000円/2カ月分

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。