院試塾トップ大学院入試英語講座英語生涯学習講座心理学英語学習講座大学院入試英語基礎講義大学院入試英語入門プログラム受講相談

大学院英語メールカウンセリング

英文読解スーパーベーシックゼミ

この講座の内容を電子書籍化したKindle本→『文法本位 英文読解基礎の基礎

Faint grew the sound of the bell.という文を正しく解釈できますか? 英文法の本当の基礎がわかっていれば,すんなり理解できる文です。「英文読解スーパーベーシックゼミ」は,英文読解をこの本当の基礎から学ぶための講座です(冒頭の文は第1回で学習します。サンプルファイル(PDF)はこちら)。「文の要素と文型」(5文型)というきわめて根本的な項目から学習を開始し,英文読解のための英文法できわめて重要な項目を月6回×2か月間=計12回で学びます。大学院入試はもちろん,大学入試・編入試験,さらには英文を読めるようになりたいと真剣に考えるすべての人に自信をもっておすすめします。

なお,この講座と「大学院入試英語基礎講義」をセットにした「大学院入試英語入門プログラム」もご用意しています。

講座の基本理念—英文法でいちばん大切なこと

この講座では,「英文法でいちばん大切なこと」を学びます。これは,英語の文を組み立てている規則性の「本質」とも言えるもので,煎じ詰めれば品詞と文の要素の対応関係です。いちばんの根幹は以下のように図解できます。左側が「品詞」,右側が「文の要素」です。この対応関係を正確に理解し,その理解を正確に運用できるようになれば,英文法の相当部分は身についていると言えるほど大切なものです。

英文法でいちばん大切なこと

これがいわゆる「5文型」の本質です。ここから出発して,英語の文を複雑にする原因の1つである「修飾語」について学ぶことで,英文法の見通しがさらによくなります。上の図解を見てください。修飾語(M)になるのは,形容詞と副詞の2つです。それぞれの働きは以下のとおりです。

修飾語は形容詞と副詞の2つ

英文法で多く用いられる考えかたが「〜に相当するもの」です。これがもっとも問題となるのが,いわゆる「準動詞」(不定詞,分詞,動名詞)です。「to不定詞の3用法」というのがありますが,これは最初に図解した対応関係を不定詞にまで拡張したものなのです。以下のようにまとめておけば簡単に理解できるでしょう。

to不定詞の3用法

動詞のVing形(分詞・動名詞)も,若干の違いはあるもののおおむね同じように考えることができます。やはり以下のようにまとめておきましょう。

Vingの3用法

さらに,文がさらに大きな文の要素となる「節」についても,これまでと同じように,名詞・形容詞・副詞に相当するものとして理解することができます。同じように図解でまとめておきましょう。

3種類の節

英文読解スーパーベーシックゼミでは,例文と解説,そしてそれにもとづく練習問題(和訳演習)を通じて,こうした考えかたを徹底的に理解することができます。

指導内容

英文読解のための英文法の根幹となる文法項目8項目を,全12回で学習します。全体は,「文の基本構造」,動詞をその他の品詞として使う準動詞を扱う「文の要素の展開」,文の一部としてさらに文を組み込む構造を扱う「構造を複雑にする要因」の3つに大きく分かれます。各回でとりあげる項目は以下のとおりです。

英文読解スーパーベーシックゼミの構成

教材は,「例文」「解説」「練習問題」で構成されており,例文を順にとりあげて紙上解説をつけてあります。この解説を読んで理解したうえで練習問題に取り組み,答案としてお送りいただきます。この答案に対して添削指導を行います。

「英文読解スーパーベーシックゼミ」サンプルダウンロード(106.7KB/PDF形式)

課題と添削答案はPDF(Portable Document Format)形式でお届けします。閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要となります。

講座内容と受講料

受講申込について(※必ずお読みください)

以下のフォームに必要事項を記入して送信してください。申込受付後,こちらから確認のメールをお送りします。受講料お支払いのご案内も確認メールにありますので,指示に従って1週間以内にお支払いください。

※申込後にキャンセルされる場合,必ず電子メールにてご連絡ください。無断キャンセルをされますと,院試塾ならびに関連サイトのコンテンツをご利用いただけなくなります。

受講申込フォーム

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。