院試塾トップ【解説】研究計画書の基本【解説】研究計画書ポイント集研究計画書合格者コメント受講相談

早稲田大学日本語教育研究科提出書類作成指導

早稲田大学日本語教育研究科合格者の声

早稲田大学日本語教育研究科2018年度入学(2017年9月出願)のための提出書類作成指導を行います。指導対象書類は「研究計画書」(2000字程度),志望動機に関する作文(1000字程度)です。

また,国外出願者に課される「国外課題」や国内出願の筆記試験の準備学習についても対応可能です。ご希望の方は受講相談フォームよりご相談ください。

指導の概略

この指導では,単なる「対策」や「攻略」の枠を越えて,個々の受験者のこれまでの背景をふまえ,現在直面している課題を大学院での研究を通じて解決し,研究成果を将来のキャリアのなかでさらに活用していく,という明確なビジョンを打ち出せるよう,各受講生に完全個別指導を行います。

「研究計画書」については,「何を」「どのように」研究するのか,という基本的な問いから出発して,十分な研究遂行能力を持っていることを十分に印象づけるものになるよう指導します。

「志望動機に関する作文」では,「なぜ早稲田の日本語教育なのか」を徹底的に考え,「自分が学ぶ大学院はここでなければならない」ことを説得力をもって読み手に伝えることのできるものとします。

指導方法

提出は基本的にMicrosoft Wordファイルで行っていただき,それに対してWordの修正履歴・コメントの機能を用いて指導内容を書き込んだものを返信します。また,提出の際に,メール本文に質問・相談等を書き込んでいただくことも可能です。返信は受信から48時間以内をお約束しますが,1通メールを送信したら,そのメールが返信されるまで次のメールの送信はできません(ただし,研究計画書,志望動機に関する作文はそれぞれ別扱いとします)。受講生間の待ち時間や指導分量の公平確保のための条件ですので,ご了承ください。

既に作成途中の原稿がある場合には,その原稿を拝見してコメントを行います。また,過去の入学試験で不合格となった方の場合,その際に提出したものを拝見し,敗因分析から指導を開始することもできます。

特に作成しているものがない場合には,構想メモ程度のものから指導することが可能です。

指導料と指導期間

指導料

指導期間

2017年9月(募集要項記載の出願締め切り日の4日前)まで[※院試塾への最終提出期限]

※全体で一連の指導をなすため,中途解約は受け付けておりません。また,一度お支払いいただいた指導料の返金や他講座への振替等のお取り扱いはいたしません。この点にご不審・ご不満のある方は申し込まないでください。その代わり,申込前のご質問等については,できるかぎりご納得いただけるまで回答いたします。
※原稿の受信から返信までの時間は48時間以内とさせていただき,これより短い時間での返信のご要望にはいっさい応じられません。最終回の提出も上記指導期間内に行っていただきます。
※指導内容を後から差額精算によって追加することはできません。

指導に際しての注意事項

以下の注意事項を守っていただけない原稿の提出については,いったん無効とし,再提出していただきます。できるかぎり多くの方にスムーズに受講していただくための注意事項ですので,必ずご確認ください。

第2次試験指導

第1次試験(書類選考)に合格した方には,院試塾の「口頭試問・プレゼンテーション指導」の口頭試問指導を特別料金15,000円(通常20,000円のところ)にて提供いたします。

申込に際して

受講申込フォーム

以下のフォームに必要事項を記入し,「送信」ボタンを押してください。申込受付後,こちらから確認のメールをお送りします。受講料お支払い(申込より原則1週間以内に東京三菱UFJ銀行指定口座へお振込)のご案内も確認メールにありますので,指示に従って1週間以内にお支払いください。
※申込後にキャンセルされる場合,必ず電子メールにてご連絡ください。無断キャンセルをされますと,院試塾ならびに関連サイトのコンテンツをご利用いただけなくなります。

講座提供者

インターネット大学院予備校 院試塾
(E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp
〒310-0836
茨城県水戸市元吉田町881-2-B-101
029-246-3540

※お問い合わせは必ず電子メールにてお願いします。